MENU

アナーキー・イン・ザ・ユー・ケー / セックス・ピストルズ (Anarchy In The U.K./Sex Pistols)

「アナーキー・イン・ザ・ユー・ケー」は、英国のロックバンド『セックス・ピストルズ』が1976年にリリースしたデビューシングル。
翌年にリリースされたファーストアルバム「勝手にしやがれ!!」(原題:Never Mind the Bollocks, Here’s the Sex Pistols)にも収録されました。
シングルは振るわなかったものの、アルバム「勝手にしやがれ!!」は、英国チャートの1位を記録。
このファーストアルバムは、ライヴアルバムやコンピレーションアルバムを除いた、現在までに公認される唯一のスタジオアルバムとなっています。

Anarchy In The U.K./Sex Pistols

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Anarchy%C2%A0In%C2%A0The%C2%A0U.K.%2FSex+Pistols

↑アルバム「勝手にしやがれ!!」(Never Mind the Bollocks, Here’s the Sex Pistols)

『セックス・ピストルズ』は、1970年代のパンク・ムーヴメントの火付け役となったパンクロックバンドです。
とくに、パンクを地で行く生き方を見せつけ、僅か21歳でドラッグのオーバー・ドーズで逝去した、パンクミュージック界においてカリスマ的人物となった二代目ベーシスト、”シド・ヴィシャス”が在籍したことでも知られるバンドです。

パンクロックの、シンプルながらも権力や体制に反抗する攻撃的な音楽性やアグレッシヴなパフォーマンスは、世の中に不満を抱える者や若者たちの心を、一気に惹きつけました。
まさに、ファーストアルバムの邦題のように、勝手にしやがれ!くそくらえ!といったエネルギーを持ったサウンドはもちろん、狂気錯乱づいたの”ジョニー・ロットン”の吐き出す様な歌唱スタイル、”シド・ヴィシャス”の狂気的なステージパフォーマンスなど、彼らのスタイルやファッションは音楽シーン留まらず、現在までに大きな影響を与えています。

ボーカルの”ジョニー・ロットン”の脱退や、ベーシストの”シド・ヴィシャス”の死などによって、全盛期は僅か数年でした。しかし、その僅かな活動期間にもかかわらず、強烈なインパクトと名を残したロックバンドといえるでしょう。

紹介の曲「アナーキー・イン・ザ・ユー・ケー」は、1988年に米国のメタルロックバンド『メガデス』がカバー。
セックス・ピストリズのギタリスト、”スティーヴ・ジョーンズ(Steve Jones)”を迎え制作されました。
アルバム「ソー・ファー・ソー・グッド…ソー・ホワット!」(So Far, So Good… So What! )に収録され、アルバムからの第一弾シングルとしてもリリースされています。

Anarchy In The U.K./MEGADETH

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Anarchy%C2%A0In%C2%A0The%C2%A0U.K.%2FMEGADETH

↑アルバム「ソー・ファー・ソー・グッド…ソー・ホワット!」

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • メガデス (MEGADETH)
  • モトリー・クルー (Mötley Crüe)
  • グリーン・ジェリー (Green Jellÿ)
  • P.J.プロビー (Pj Proby)
  • マイケル・デ・バレス (Michael Des Barres)
  • ビリー・チルディッシュ&ブラックハンズ (Wild Billy Childish & The Blackhands)
  • ロベルト・カッチャパーリア (Roberto Cacciapaglia)
  • マンボ・クルト (Mambo Kurt)
  • レピッシュ (LA−PPISCH)
  • 土屋 アンナ (Tsuchiya Anna)
  • 髭 (HiGE)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる