プリーズ・ドント・リーヴ・ミー / プリティ・メイズ (Please Don’t Leave Me/PRETTY MAIDS)

「プリーズ・ドント・リーヴ・ミー」は、英国のロックギタリスト”ジョン・サイクス(John Sykes)”が1982年にシングルリリースした楽曲。
アイルランドのバンド『シン・リジィ』の”フィル・ライノット(Phil Lynott)”との共作で、”フィル・ライノット”をベース及び、ゲストボーカルに迎え、制作されたバラードです。

“ジョン・サイクス”は、のちに、その『シン・リジィ』や『ホワイトスネイク』、『ブルー・マーダー』といったバンドで活躍したギタリスト。
「プリーズ・ドント・リーヴ・ミー」の、ハードロックバンドのギタリストが制作したものとは思えない、綺麗で優しいメロディからは、ポップでマルチな才能を持ち合わせているということが感じられます。
ギタリストの作品だけあって、美しく印象的なギターリフは、さすがですね。

Please Don’t Leave Me/John Sykes

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Please+Don%27t+Leave+Me%2FJohn+Sykes

↑ジョン・サイクス「プリーズ・ドント・リーヴ・ミー」

1992年に、デンマーク出身のメタルロックバンド『プリティ・メイズ』がカバー。
アルバム「シン・ディケイド」(Sin-Decade)に収録され、シングルもリリースされると、ヨーロッパや日本で大ヒット。
世に広く周知させた、一般的に有名なバージョンとなり、『プリティ・メイズ』の代表曲と言えるものになりました。

『プリティ・メイズ』のバージョンは、ポップなアレンジな中にも、美しさと激しさが共存し、ドラマティック性が際立った、秀逸な作品となっています。
ボーカルの”ロニー・アトキンス”のウォームでソウルフルな歌唱がかっこいいです。
この当時は、ラジオでも絶え間なく流れていた覚えがあります。

Please Don’t Leave Me/PRETTY MAIDS

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Please+Don%27t+Leave+Me%2FPRETTY+MAIDS

↑アルバム「シン・ディケイド」

同年に、アンプラグド作品5曲を収録したマキシシングル「オフサイド」、翌年には、アンプラグドアルバム「ストリップド」(Stripped)がリリースされ、共に「プリーズ・ドント・リーヴ・ミー」のアコースティックバージョンが収録されました。
当時、アンプラグドアルバムのジャケット写真と「ストリップド」というネーミングを見て、笑った記憶があります。
マキシシングル「オフサイド」も、先行したからなんでしょうかね(笑)

Please Don’t Leave Me (Acoustic version)/PRETTY MAIDS

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Please+Don%27t+Leave+Me+(Acoustic+version)%2FPRETTY+MAIDS

↑アルバム「ストリップド」(Stripped)

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ジョン・サイクス (John Sykes) [*Original]
  • ブルー・マーダー (Blue Murder)[*Self-Cover]・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる