「レディ・マーマレード」は、ケニー・ノラン(Kenny Nolan)とボブ・クリュー(Bob Crewe)によって書かれた楽曲で、ディスコ・グループの『イレヴンス・アワー』によって、1974年にリリースされた作品です。
アルバム「グレイテスト・ヒッツ」に収録されました。

Lady Marmalade/The Eleventh Hour

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Lady+Marmalade%2FThe+Eleventh+Hour

イレヴンス・アワー「グレイテスト・ヒッツ」

同年、パティ・ラベルをリードシンガーとした女性ボーカルグループ『ラベル』も、アラン・トゥーサンをプロデューサーに迎えて制作されたアルバム「ナイトバーズ」に収録。
アルバムはヒットを記録し、「レディ・マーマレード」はシングルカットされると、全米チャート、UKチャート共に1位を獲得する大ヒットナンバーとなり、世界的に有名なバージョンとなりました。

↑アルバム「ナイトバーズ」(Nightbirds)

グループ『ラベル』は、リードシンガーであるパティ・ラベルを冠にしたグループ。
駆け出しのころパティ・ラベルが在籍していたグループ、オーデッツ(The Ordettes)と、そのライバル関係にあった、ザ・デル・キャプリス(The Del Capris)のメンバーとが合わさり、ブルーベルズ(Bluebelles)が結成されました。
そして、パティ・ラベルとブルーベルズ(Patti LaBelle and the Bluebelles)と、その名を改め、さらに、紹介の『ラベル』へと変遷を遂げるわけです。
最終的には、パティ・ラベルはソロとして一人立ちし、活躍していくことになります。
このことからも分かるように、やはりパティ・ラベルの存在やスキルが、抜け出たものであったことが分かりますね。

Lady Marmalade/Labelle

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Lady+Marmalade%2FLabelle

また、紹介の曲「レディ・マーマレード」は、2001年に公開された映画「ムーラン・ルージュ」(原題 : Moulin Rouge! )の中で使用され、”クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)”、”リル・キム(Lil’ Kim)”、”マイア(Mýa)”、”ピンク(P!nk)”ら豪華メンバーによってカヴァーされました。

Lady Marmalade/クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)”、”リル・キム(Lil’ Kim)”、”マイア(Mýa)”、”ピンク(P!nk)

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Lady+Marmalade%2FChristina+Aguilera%2FLil%27+Kim%2FM%C3%BDa%2FP!nk

↑映画「ムーラン・ルージュ」

このバージョンもシングルリリースとなり、米国や英国で1位を獲得するなど、多くの国でチャート上位を獲得。
第44回グラミー賞の「最優秀ポップ・コラボレーション賞ヴォーカル部門」を受賞するに至った、有名なバージョンの一つとなりました。
もちろん、映画のサウンドトラックにも収録されています。

サントラ「ムーラン・ルージュ」

尚、「レディ・マーマレード」は、映画「ムーラン・ルージュ」のほかにも、

エイドリアン・ライン監督によるオカルト・サスペンススリラー、
1990年に公開された映画「ジェイコブス・ラダー」(原題 : Jacob’s Ladder )

アル・パチーノ / ショーン・ペン / ペネロープ・アン・ミラー出演、
1993年に公開された映画「カリートの道」(原題 : Carlito’s Way )

ロビン・ウィリアムズ主演のコメディ、
1996年に公開された映画「バードケージ」(原題 : The Birdcage )

ウーピー・ゴールドバーグ主演、女性ファンがひょんな事からコーチに選ばれ、連敗中のチームを再建しようと奮闘するスポーツコメディー、
1996年に公開された映画「エディー 勝利の天使」(原題 : Eddie )

ジーナ・デイヴィスとサミュエル・L・ジャクソン共演のアクションムービー、
1996年に公開された映画「ロング・キス・グッドナイト」
(原題 : The Long Kiss Goodnight )

大ヒット作「アーサーとミニモイの不思議な国」に続く第二章、
1998年に公開された映画「ドクター・ドリトル」(原題 : Doctor Dolittle )

1972年に実際に起きたホワイトハウスの大スキャンダルをキルスティン・ダンストが、ドタバタコメディで描く、1999年に公開された映画「キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!」(原題 : Dick )

デミ・ムーア / マイケル・ケイン出演、史上最大のダイヤモンド強奪計画の実話を基にした、傑作クライム・サスペンス、1999年に公開された映画「ダイヤモンド・ラッシュ」(原題 : Flawless )

男しか存在しない星から、異性を求めてやってきた宇宙人を描いたSFコメディ、
2000年に公開された映画「2999年異性への旅」(原題 : What Planet Are You From? )

エリシャ・カスバート主演のSEXYでキュートなラブロマンス・コメディ、
2004年に公開された映画「ガール・ネクスト・ドア」(原題 : The Girl Next Door )

ジョン・トラボルタ / ユマ・サーマン主演、スティーブン・タイラーが本人役で出演した、
2005年公開の映画「ビー・クール」(原題 : Be Cool )

ウィル・フェレル主演のスポーツ・コメディ、
2008年公開の映画「俺たちダンクシューター」(原題 : Semi-Pro )

全米初登場1位、世界中でヒットを記録。ミュージカル・コメディの人気シリーズ第2弾、
2015年公開の映画「ピッチ・パーフェクト2」(原題 : Pitch Perfect 2 )

などの映画や番組に使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • イレヴンス・アワー (The Eleventh Hour) [*Original]
  • サブリナ (Sabrina)
  • オール・セインツ (All Saints)
  • クリスティーナ・アギレラ, リル・キム, マイヤ, ピンク(Moulin Rouge! Version(Christina Aguilera, Lil’ Kim, Mýa, and P!nk))
  • オール・セインツ (All Saints)シーラ・E (Sheila E)
  • ウェザー・ガールズ (The Weather Girls)
  • アーマ・トーマス (Irma Thomas)
  • 土屋アンナ (Tsuchiya Anna)
  • リトル・グリー・モンスター (Little Glee Monster)
  • 少女時代 (Girls Generation)
  • ニルス・ラン・ドーキー (Niels Lan Doky)
  • ハービー・マン (Herbie Man)
  • ストックホルム・ジャズ・セット (Stockholm Jazz Set)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる