アイヴ・ガット・ザ・ミュージック・イン・ミー [邦題:歌は恋人] / ザ・キキ・ディー・バンド(I’ve Got The Music In Me/THE KIKI DEE BAND)

「アイヴ・ガット・ザ・ミュージック・イン・ミー」(邦題:歌は恋人)は、元”Trees”のメンバーでもある英国のミュージシャン”バイアス・ボッシェル”に書かれた楽曲で、同じく英国出身の女性シンガー”キキ・ディー”率いる、『ザ・キキ・ディー・バンド』によって、1974年にリリースされた楽曲です。
英国や米国などでヒットを記録し、同年にリリースされた同タイトルのアルバム「I’ve Got the Music in Me」にも収録されています。

I’ve Got The Music In Me/THE KIKI DEE BAND

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=I%27ve+Got+The+Music+In+Me%2FTHE+KIKI+DEE+BAND

↑アルバム「I’ve Got the Music in Me

ジャンルを問わず、多くのアーティストにカバーされる楽曲です。
サビのメロディは、聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか。

キキ・ディーは、多くのアーティストのバックボーカルなどを務めた後、1973年にエルトン・ジョンらが設立したロケット・レコードに移籍し、名を上げたアーティストです。
女性らしさと激しさを兼ね備えたエモーショナルな歌唱は、女性ロックボーカルのお手本にもなるアーティストですね。

↑おすすめコンピレーションアルバム

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

テルマ・ヒューストン (Thelma Houston)
ハート (HEART)
アレサ・フランクリン (Aretha Franklin)
ポール・カシア (Paul Cacia)
ジャンプ・ファイブ (JUMP 5)
プラザ・ピープル (Plaza People)
ブラザーフッド・オブ・マン (Brotherhood of Man)
ジュリー・スー (Julie sue)・・・ほか

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる