ライト・ヒア・ウェイティング / リチャード・マークス (Right Here Waiting/Richard Marx)

「ライト・ヒア・ウェイティング」は、米国の男性シンガーソングライター”リチャード・マークス”が、1989年にリリースたセカンドアルバム「リピート・オフェンダー」(REPEAT OFFENDER)に収録された楽曲。
エッジの効いた、ハスキーでセクシーなリチャード・マークスの声が、アコースティックなバラードをドラマティックに引き立てる、魅力的な楽曲です。

アルバムからシングルカットされた「ライト・ヒア・ウェイティング」は、米国や英国、カナダなどのシングルチャートで1位をはじめ、多くの国で上位にランクインする、大ヒットを記録しました。

Right Here Waiting/Richard Marx

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Right%C2%A0Here%C2%A0Waiting%2FRichard%C2%A0Marx

また、アルバム「リピート・オフェンダー」も、ビッグセールスを記録し、米国アルバムチャートの1位を獲得。
デビューアルバムにして400万枚以上を売り上げたファーストアルバム「RICHARD MARX」の勢いをそのままに、リチャード・マークスの全盛期を作ったアルバムといえるでしょう。

↑アルバム「リピート・オフェンダー」(REPEAT OFFENDER)

“リチャード・マークス”は、10代の頃のデモテープがきっかけとなり、”ライオネル・リッチー”に見いだされ、バックコーラスなどを務めた後、1987年にデビュー。
1990年代にかけて大ブレイクを果たしたシンガーソングライターです。

尚、「ライト・ヒア・ウェイティング」は、

2012年に公開された映画「Good Deeds」など、番組やドラマにも使用されるバラードです。


【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ツイッギー (Twiggy feat. Richard Marx)
  • バリー・マニロウ (Barry Manilow)
  • アレクサンダー・オニール (Alexander O’Neal)
  • クレイ・エイケン (Clay Aiken)
  • フリオ・イグレシアス (Julio Iglesias)
  • ダニー・オズモンド (Donny Osmond)
  • サンチェス (Sanchez)
  • ボイス・アベニュー(Boyce Avenue)
  • フィリッパ・ジョルダーノ & カルロス・マリン (Filippa Giordano & Carlos Marin)
  • アンド・ゼン・ゼア・ワー・ナン (And Then There Were None)
  • アッカー・ビルク (Acker Bilk)
  • ゲオルゲ・ザンフィル (Gheorghe Zamfir)
  • アンソニー・ヴェンチュラ (Anthony Ventura)
  • 小野正利 (Ono Masatoshi)
  • 佐藤竹善 (Sato Chikuzen)
  • イム・ジェボム (Lim Jae-beom)
  • エイチオーティー (H.O.T.)
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる