MENU

ザ・チョーキン・カインド / ジョス・ストーン (The Chokin’ Kind/Joss Stone)

「ザ・チョーキン・カインド」は、1967年に米国のシンガーソングライター”ウェイロン・ジェニングス”によってリリースされたカントリーナンバー。

The Chokin’ Kind/Waylon Jennings

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=The+Chokin%27+Kind%2FWaylon+Jennings

↑ウェイロン・ジェニングス(Waylon Jennings)

1969年に、米国のR&Bシンガー、”ジョー・サイモン”がソウルナンバーへとアレンジしてリリース。
米国ビルボード・ポップチャートの13位、R&Bチャートで1位を獲得する、ヒットとなりました。

The Chokin’ Kind/Joe Simon

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=The+Chokin%27+Kind%2FJoe+Simon

↑ジョー・サイモン(Joe Simon)

そして、ここでピックアップしたバージョンは、英国の女性アーティスト”ジョス・ストーン”がカバーし、リリースしたもの。
2003年のジョス・ストーンのデビューアルバム「ザ・ソウル・セッションズ」(The Soul Sessions)に収録されています。
“ジョー・サイモン”のソウルアレンジをベースに、より一層ブラッシュアップされ、アルバムの一曲目を飾るエモーショナルなソウルナンバーに仕上がっています。

The Chokin’ Kind/Joss Stone

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=The+Chokin%27+Kind%2FJoss+Stone

“ジョス・ストーン”は、イギリス出身の女性R&Bシンガー。
本国イギリスBBCのTVコンテスト「Star for a Night」に出演し、13歳とは思えない歌唱を披露し優勝、その才能の片鱗を感じさせました。
満を持して、2003年16歳でデビュー。
そして、デビューアルバムとなったのが、紹介の曲が収録されたアルバム「ザ・ソウル・セッションズ」です。

↑アルバム「ザ・ソウル・セッションズ」

オリジナルアルバムの制作過程において、歌唱したカバー曲の出来があまりに素晴らしい為に、カバーアルバムをデビュー作としてリリースすることになったといいます。
そんな所以を聞いても、彼女の持つスキルやポテンシャルの高さを感じさせてくれますね。
しかも、カバー曲といっても、60〜70年代のソウルナンバーのカバーアルバムというのだから、なお驚きです。

アルバム「ザ・ソウル・セッションズ」は、デビューアルバムにして500万枚をこえるビッグセールスとなり、グラミー賞の3部門にノミネートされています。

何はともあれ、紹介の「ザ・チョーキン・カインド」。
そして、アルバム「ザ・ソウル・セッションズ」の、まだ16歳と思えぬ、”ジョス・ストーン”のエモーショナルな歌唱を、ぜひ聴いてみて下さい。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ウェイロン・ジェニングス (Waylon Jennings) [*Original]
  • ジョー・サイモン (Joe Simon)
  • ロイ・ブキャナン (Roy Buchanan)
  • アラン・トゥーサン (Allen Toussaint)
  • Z.Z.ヒル (Z.Z. Hill)
  • オリー・ナイチンゲイル (Ollie Nightingale)
  • チャック・ジャクソン (Chuck Jackson)
  • エディ・ハロウェイ (Eddie Holloway)
  • メイヴィス・ステイプルズ (Mavis Staples)
  • エラ・フィッツジェラルド (Ella Jane Fitzgerald)
  • ハーラン・ハワード (Harlan Howard)
  • キャロル・ダグラス (Carol Douglas)
  • フィリップ・ファンクハウザー (Philipp Fankhauser)
  • ザ・ウィンストンズ (The Winstons)
  • ジェリー・ネイラー (Jerry Naylor)
  • ボブ・ルーマン (Bob Luman)
  • ジョネル・モッサー (Jonell Mosser)
  • アーバン・ミスティック (Urban Mystic)
  • ヴァーン・ゴスディン (Vern Gosdin)
  • ジョン・デラフォース (John Derafose)
  • スヴェン・ゼッターバーグ(Sven Zettterberg)
  • フレディ・フェンダー (Freddy Fender)
  • キャプテン・ルーク (Captain Luke)・・・他
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次