MENU

ア・マン・アイル・ネヴァー・ビー / ボストン (A Man I’ll Never Be/BOSTON)

「ア・マン・アイル・ネヴァー・ビー」は、米国のロックバンド『ボストン』が1978年にリリースしたアルバム「ドント・ルック・バック」に収録された楽曲。

アルバム「ドント・ルック・バック」

バンド『ボストン』の中心人物であり、オールマイティプレーヤーとしてサウンドの要となったトム・ショルツによって書かれたバラードで、シングルリリースもされた楽曲です。

A Man I’ll Never Be/BOSTON

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=A+Man+I%27ll+Never+Be%2FBOSTON

バンド『ボストン』と言えば、やはりトム・ショルツを連想する人は多いのですが、「ア・マン・アイル・ネヴァー・ビー」では、リードボーカルのブラッド・デルプのスキルの高さや、存在感も感じさせてくれますね。

『ボストン』のサウンドは、プログレッシヴ要素とハードロック要素を持ち合わすことから、”プログレハード”などとも称され、クラシカルでメロディックな要素と、オーバーダブを多用した工学的なサウンドアプローチなどを兼ね備え、人気を得ました。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • マイク・マス (Mike Massé)
  • ディー・ジー・エム (DGM)
  • オン・ザ・フライ (On The Fly)・・・他
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる