シー [邦題:忘れじの面影] / シャルル・アズナブール (She/Charles Aznavour)

「シー」(邦題 : 忘れじの面影) は、フランス出身の歌手、シャルル・アズナブールが1974年にリリースした楽曲。
母国フランス語でのタイトルは「Tous les visages de l’amour」とされている楽曲です。
イギリスでは、TVドラマの主題歌となり英国シングルチャートの1位を記録しています。

She/Charles Aznavour

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=She%2FCharles+Aznavour

有名な曲なので、ワンフレーズ聞けば、聞き覚えのある人も多いですよね。
シャルル・アズナブールは、フランス人歌手としての大御所であり、シャンソンの代表曲も多く、数々の作品を生み出すシンガーソングライターでありながら、俳優業もこなす、マルチな才能と活躍をみせるアーティストです。

↑おすすめコンピレーションアルバム

また、1990年にカバーした、エルビス・コステロのバージョンも、1999年に”ジュリア・ロバーツ”と”ヒュー・グラント”が共演した映画「ノッティングヒルの恋人」(原題 : Notting Hill )で使われたことでセールスを上げた、有名な人気のバージョンです。

↑シー/エルビス・コステロ

She/Elvis Costello

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=She%2FElvis+Costello

↑映画「ノッティングヒルの恋人」

紹介の曲「シー」(邦題 : 忘れじの面影) は、映画「ノッティングヒルの恋人」のほかにも、

ブリタニー・マーフィ主演のロマンティック・ラブコメディ、
2006年に公開された映画「私の婚活恋愛術」(原題 : Love and Other Disasters )

映画批評家達が絶賛したラース・フォン・トリアー監督作品、
カンヌ国際映画祭主演女優賞受賞キルスティン・ダンスト主演、
2011年に公開された映画「メランコリア」(原題 : Melancholia )

などの映画や番組にも使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • エルビス・コステロ (Elvis Costello)  ☜おすすめカバー
  • ジャネット・バーン (Jeannette Byrne)
  • イル・ディーヴォ (IL DIVO)
  • エンゲルベルト・フンパーディンク (Engelbert Humperdinck)
  • シェイディ・ブラザーズ (The Shady Brothers)
  • ガーダー・トール・コーテス (Gardar Thor Cortes)
  • ドン・シェパード (Don Sheppard
  • デボラ・ムーギー・モーガン (Déborrah “Moogy” Morgan)
  • ジョン・ホワイト (John White)
  • レ・スタントール (Les Stentors)
  • バーナード・ファインズ (Bernard Fines)
  • アンドレアス・ビーバー (Andreas Bieber)
  • 伊藤由奈 (Ito Yuna)
  • ロジェリオ・トゥッティ (Rogerio Tutti) 〜Inst〜
  • ポール・モーリア (Paul Mauriat) 〜Inst〜
  • パオロ・ベルナルディ・ カルテット (Paolo Bernardi Quartet) 〜Inst〜
  • ジェームズ・ゴールウェイ & ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ
  • (James Galway & London Mozart Players) 〜Inst〜
  • ライアン・ウォルト (Ryan Walt) 〜Inst〜
  • ジュゼッペ・スベルニーニ (Giuseppe Sbernini) 〜Inst〜
  • ジャンパオロ・パスクァーレ (Giampaolo Pasquile) 〜Inst〜
  • 広田智之 (Hirota Tomoyuki) 〜Inst〜・・・他
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる