MENU

ブラック・ホース・アンド・ザ・チェリー・ツリー / ケイティー・タンストール(Black Horse And The Cherry Tree/KT Tunstall)

「ブラック・ホース・アンド・ザ・チェリー・ツリー」は、スコットランド出身のシンガーソングライター、”ケイティー・タンストール”が、2004年にリリースした楽曲。
デビューアルバム「アイ・トゥ・ザ・テレスコープ」(Eye to the Telescope)に収録され、翌年にはシングルリリースされヒットを獲得しました。

Black Horse And The Cherry Tree(Live Performance)/KT Tunstall

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Black%C2%A0Horse%C2%A0And%C2%A0The%C2%A0Cherry%C2%A0Tree%2FKT%C2%A0Tunstall

「ブラック・ホース・アンド・ザ・チェリー・ツリー」のライヴ映像を、よく見てもらうとよくわかると思いますが、足下でタンバリンを使いこなし、”ループペダル(ルーパー)”を駆使しながら、たった1人でバンドサウンド、多重トラックを作り、歌いあげることでも知られています。
1人では何も出来ないと言ってる人には、かなり衝撃的なものに映る事でしょう。

また、そういった斬新なパフォーマンスが注目されがちですが、ハスキーでセクシーな声と、ブルージーでエモーショナルな歌唱も魅力的なアーティストです。

尚、「ブラック・ホース・アンド・ザ・チェリー・ツリー」を含む、5曲ものシングルカットを生んだアルバム「アイ・トゥ・ザ・テレスコープ」は、デビューアルバムにしてビッグセールスをあげるヒットとなりました。

↑アルバム「アイ・トゥ・ザ・テレスコープ」

また、「ブラック・ホース・アンド・ザ・チェリー・ツリー」は、

ロビン・ウィリアムズ主演の感動コメディ。
2006年に公開された映画「ロビン・ウィリアムズのもしも私が大統領だったら・・・」(原題 : Man of the Year )

ダイアン・キートン主演によるラブコメディ、
2007年に公開された映画「恋とスフレと娘とわたし」(原題 : Because I Said So )

アイス・キューブ主演のハートフル・コメディ第2弾、
2007年に公開された映画「ボクらのママに近づくな!2」」(原題 : Are We Done Yet? )

など、映画や番組にも使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • スカラ&コラシニ・ブラザーズ (Scala & Kolacny Brothers)
  • パティ (Patty)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる