フィール・ライク・ゴーイング・ホーム / ジュールズ・ホランド・アンド・ヒズ・リズム&ブルース・オーケストラ feat.サム・ブラウン (Feel Like Going Home/Jools Holland And His Rhythm & Blues Orchestra feat. Sam Brown)

「フィール・ライク・ゴーイング・ホーム」は、アメリカのシンガーソングライターであるチャーリー・リッチ(Charlie Rich)が1973年にリリースした楽曲で、シングル「The Most Beautiful Girl」のB面に収録されました。
翌年にリリースされたアルバム「Silver Fox」にも収録され、アルバムはチャートの1位を獲得するヒットとなっています。

Feel Like Going Home/Charlie Rich

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Feel+Like+Going+Home%2FCharlie+Rich

チャーリー・リッチは、62歳という若さで亡くなっていますが、白髪まじりとなった頃からは「シルバー・フォックス」というニックネームで呼ばれていたといいますから、紹介の「フィール・ライク・ゴーイング・ホーム」が収録されたアルバム「Silver Fox」は愛着や思い入れのある作品と言えるでしょう。

↑アルバム「Silver Fox」/ Charlie Rich

尚、シングルA面の「The Most Beautiful Girl」は、米国やカナダでシングルチャートの1位を獲得する大ヒット。
収録されたアルバム「Behind Closed Doors」も1位となり、多くの賞を受賞するなど、チャーリー・リッチの名を世に広めた、一般にはこちらの方が有名な楽曲です。

↑おすすめコンピレーションアルバム

チャーリー・リッチは、主にカントリーミュージックで活躍したアーティストではありますが、紹介の曲「フィール・ライク・ゴーイング・ホーム」においても、”Lord “といった言葉が使われていることから分かるように、彼の作品はゴスペルやジャズ、ブルースやソウルなど、様々なテイストを含んでいます。

さて、ここでピックアップしたバージョンは、ジュールズ・ホランドが率いるバンド『ジュールズ・ホランド・アンド・ヒズ・リズム&ブルース・オーケストラ』が、ゲストボーカルにサム・ブラウンを迎えてリリースしたバージョンです。
『ジュールズ・ホランド・アンド・ヒズ・リズム&ブルース・オーケストラ』が、カントリーソングをカバーしたコンピレーションアルバム「MOVING OUT TO THE COUNTRY」(2006年リリース)に収録されています。

Feel Like Going Home/Jools Holland And His Rhythm & Blues Orchestra feat. Sam Brown

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Feel+Like+Going+Home%2FJools+Holland+And+His+Rhythm+%26+Blues+Orchestra+feat.+Sam+Brown

楽曲「フィール・ライク・ゴーイング・ホーム」の歌詞が映し出す、深い精神性。
単純には”郷愁”と解釈することもできますが、深層には立ちすくむほどの困難を前にしながら、誰からも救いの手を差し伸べられることがない辛い現状、過ぎ去りしあの頃へ思いを馳せる気持ちといった、無情にも過ぎて行く人生や、後悔の念に対する深い悲しみや嘆き、叫び、ただ神に救いを求めるしかないといった、切ない心情が読み取れます。

そんな思いを汲み取るかのごとく、哀愁あるメロディをジュールズ・ホランドの秀逸なピアノセンスとテクニックがブラッシュアップしている、紹介のバージョン。

↑コンピレーションアルバム「Moving Out To The Country

ゲストボーカル、サム・ブラウンの感情を露にエモーショナルに歌いあげる歌唱も、聞く者の胸を打つ、珠玉のアコースティックバラードとなっています。

カントリーにも良い楽曲は多いですね。
良い音楽や演奏は、時代を選ばないということが分かります。
オリジナルのチャーリー・リッチはもちろん、ジュールズ・ホランドとサム・ブラウンのバージョンも、ぜひ聞いてみて下さい。

尚、紹介の曲「フィール・ライク・ゴーイング・ホーム」は、

1993年に公開の映画「ネイキッド・イン・ニューヨーク」ほか、

E・ストルツ、J・スペイダー、C・ディアス出演作品、
1997年に公開された映画「ブラックメール / 脅迫」(原題 : Keys to Tulsa )

ショーン・ヘイズ / ウィル・サッソー / ジェニファー・ハドソン出演。
全米初登場第2位のスマッシュヒットを記録した“笑”撃作、2012年に公開の映画「新・三バカ大将 ザ・ムービー」(原題 : The Three Stooges )

などの、映画や番組にも使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • チャーリー・リッチ (Charlie Rich) [Original]
  • リタ・クーリッジ (Rita Coolidge)
  • ノッティング・ヒルビリーズ (The Notting Hillbillies)
  • マイケル・バークス (Michael Burks)
  • ザ・ウォークアバウツ (The Walkabouts)
  • J・マスシス (J Mascis)
  • ジャッキー・ペイン・スティーヴ・エドモンソン・バンド(Jackie Payne Steve Edmonson Band)
  • マルフォード・ミリガン & サザン・エース feat.ジュ・ロイ (Malford Milligan & The Southern Aces feat.JW Roy)
  • ケヴィン・コナリー (Kevin Connolly)
  • ヤコブ・アンデルセン (Jacob Andersen)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる