MENU

アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン / レディー・ガガ (I’ll Never Love Again/Lady Gaga)

「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」は、レディー・ガガ主演の映画「アリー/ スター誕生」(原題 : A Star Is Born)で使用された楽曲で、”レディー・ガガ”が演じる”アリー”のプラトニックな恋心を映し出した、ガガ渾身の歌唱が胸を打つ、切なくも壮大なラヴバラード。
「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」は、レディー・ガガの他、ナタリー・ヘンビー (Natalie Hemby)に、ヒラリー・リンジー(Hillary Lindsey)、エーロン・レイティアー(Aaron Raitiere)といった、主にカントリーのジャンルで活躍する若手の作家陣によって作られていますが、本作においてはカントリー色を感じさせない、美しく壮大なパワーポップバラードとなっています。

映画のサウンドトラックにも収録され、翌年にはシングルリリースとなりました。

I’ll Never Love Again/Lady Gaga

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=I%27ll+Never+Love+Again%2FLady+Gaga

↑サントラ「A Star Is Born」(Lady Gaga & Bradley Cooper)

映画「アリー/ スター誕生」(原題 : A Star Is Born)は、主人公が自らの夢の為に、大切なものを失いながらも困難に立ち向かうドリームストーリー。
生徒の皆さんのように歌手を目指す主人公が題材ということと、レディー・ガガなどのビッグネームが主演という事で、やはり音楽に携わるものは要チェックの映画だと言えるでしょう。

映画「アリー/ スター誕生」(原題 : A Star Is Born)は、初公開となった1937年から何度かリメイクされており、今回は主演にレディー・ガガを迎え、また相手役となるブラッドリー・クーパーは、監督兼主演、脚本にも名を連ねています。
恋愛模様と共に繰り広げられるドリーム・ストーリーはもちろん、そのキャスティングからも注目される作品となっています。

映画「アリー/ スター誕生」(原題 : A Star Is Born)

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • キャサリン・ジェンキンス (Katherine Jenkins)
  • モリー・ホッキング (Molly Hocking)
  • ケヴィン・シム (Kevin Simm)
  • ルーシー・トーマス (Lucy Thomas)
  • ダヴィーナ・ミシェル (Davina Michelle)
  • マイケル・J・トーマス (Michael J Thomas)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる