MENU

ホールド・マイ・ハンド/レディー・ガガ (Hold My Hand/Lady Gaga)

今回は、世界各国で公開するや否や大ヒットとなり、記録的な興行収入をたたき出し、日本でも現在上映中の映画「トップガン:マーヴェリック」の主題歌、2022年の5月にリリースされたレディ・ガガの「ホールド・マイ・ハンド」をピックアップ。

「ホールド・マイ・ハンド」は、映画「トップガン:マーヴェリック」を彷彿とさせる壮大かつエモーショナルなサウンドと、6/8のリズムを持ったパワーバラード。

YouTube動画は文字リンクから検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Lady+Gaga+-+Hold+My+Hand

緩急のついたサウンドをバックに、ロックスタイルの力強く声量感のある歌唱で歌われた「ホールド・マイ・ハンド」は、今回の続編映画「トップガン:マーヴェリック」の主人公マーヴェリックの心象レリーフとなるような作品となっており、主人公の心情に寄り添い語りかけるような歌唱から、想いをエモーショナルに訴える表現へとすすんでいきます。

Bメロエンドのブレイク後、サビでは一気に楽曲の最高音となるE5への”しゃくり”で楽曲にアクセントと聞き手へのインパクトをもたらしています。サビでは力強いD5もコンスタントに出現。
2番終わりからのブリッジ以降ではE5のノートが頻繁に出現します。

英語の曲ですが、譜割や歌詞は簡単な方ですから、C5やC#5の力強い声が出せるようになった女性シンガーの更なるスキルアップに最適な練習曲となるでしょう。

男女共に国内ボーカリストは、海外のボーカリストに太刀打ち出来るようなパワフルな歌唱ができるソロボーカリストは残念ながら少ないですから、海外作品にも目を向け練習曲とすることは技術的な面はもちろん、創作の面においてもスキルアップに繋がる良い取り組みにもなります。

「ホールド・マイ・ハンド」は、デジタルDLによるシングルリリースのほか、映画のサウンドトラックアルバムに収録。
サウンドトラックには、一作目「トップガン」からの象徴的楽曲であるケニー・ロギンスの「デンジャーゾーン」や、ハロルド・フォルターメイヤー&スティーヴ・スティーヴンスの「トップガン・アンセム」(邦題:トップガン・賛美の世界)なども収録されています。

↑映画「トップガン:マーヴェリック」サウンドトラック(限定版)

尚、映画「トップガン:マーヴェリック」は、1986年に大ヒットした映画「トップガン」の続編となる作品で、呼称“マーヴェリック”こと“ピート・ミッチェル”役を演ずるトム・クルーズの名を世に知らしめた映画であり、バブル期を飾ったタイトルの1つです。

↑前作「トップガン」(1986)

前作同様、今回の続編「トップガン:マーヴェリック」でも本物の戦闘機が使用され、トム・クルーズほか俳優陣が戦闘機の強烈なG(加速度)に絶えるための訓練を積み、本物の戦闘機に同乗して撮影に挑んでいます。

CGが幅を利かせる現代作品の中で、また36年ぶりに自身の体に鞭を打ち、果敢にも実写にこだわり挑んだ役者トム・クルーズの肉迫する演技も作品の見所です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次