プリーズ・カム・ホーム・フォー・クリスマス / ジョン・ボン・ジョヴィ(Please Come Home For Christmas/Jon Bon Jovi)

「プリーズ・カム・ホーム・フォー・クリスマス」は、米国のブルースミュージシャン”チャールズ・ブラウン”が、1960年にリリースした楽曲。
ホリデーソングのチャートにも、度々ランキングされる、有名なクリスマスソングです。

Please Come Home For Christmas/Charles Brown

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Please+Come+Home+For+Christmas%2FCharles+Brown

↑チャールズ・ブラウン

そして、今回ピックアップしたのは、1992年のクリスマスのコンピレーションアルバム「A Very Special Christmas 2」に収録された、”ジョン・ボン・ジョヴィ”のバージョン。
“ジョン・ボン・ジョヴィ”は、ご存知、米国のロックバンド『ボン・ジョヴィ』のリードボーカルです。
ジョン・ボン・ジョヴィの歌唱力を活かした、スケールの大きなバージョンとなっています。

Please Come Home For Christmas/Jon Bon Jovi

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Please+Come+Home+For+Christmas%2FJon%C2%A0Bon%C2%A0Jovi

コンピレーションアルバム「A Very Special Christmas 2」(邦題 : クリスマス・エイド2)は、”ジョン・ボン・ジョヴィ”の「プリーズ・カム・ホーム・フォー・クリスマス」をはじめ、”マイケル・ボルトン”や”ボーイズ・ツゥー・メン”など、豪華アーティスト陣のクリスマスソングが多数収録されています。
クリスマスアルバム(ホリデーアルバム)にして、アメリカ国内ではビッグセールスを上げ、ヒットとなったコンピレーションアルバムです。

↑アルバム「クリスマス・エイド2」

また、「プリーズ・カム・ホーム・フォー・クリスマス」は、1994年にはチャリティシングル(BON JOVI名義)として、ヨーロッパではシングルもリリースされました。

↑シングル「プリーズ・カム・ホーム・フォー・クリスマス」

シングルのジャケットのお相手にもなった、スーパーモデルの”シンディ・クロフォード”をプロモーションビデオに起用したことでも話題を呼びました。

尚、紹介の曲「プリーズ・カム・ホーム・フォー・クリスマス」は、

驚異の世界的大ヒットを放った、マコーレー・カルキン主演のスーパー・コメディ、
1990年に公開された映画「ホーム・アローン」ほか、

赤ん坊が心の声をしゃべる人気コメディ・シリーズ第3弾、
1993年に公開された映画「ベイビー・トーク3 ワンダフル・ファミリー」
(原題 : Look Who’s Talking Now )

サンタの姿を装い強盗を繰り返す男と、ある少年の奇妙な交流を描いたヒューマンコメディ、
2003年に公開された映画「バッドサンタ」(原題 : Bad Santa )

大雪で空港に閉じ込められた妹を助け出せ! 陸の孤島状態となった国際空港でキッズたちが繰り広げる、極上のファミリー・エンターテイメント、
2006年に公開の映画「エアポート・アドベンチャー クリスマス大作戦」
(原題 : Unaccompanied Minors )、

カメレオン俳優 ジョセフ・ゴードン=レヴィットと、笑いの奇才 セス・ローゲンが放つ爆笑コメディ、2015年に公開された映画「ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー」
(原題 : The Night Before )、

など、多くの映画や番組に使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • チャールズ・ブラウン (Charles Brown) [*Original]
  • イーグルス (The Eagles)
  • マルティナ・マクブライド (Martina McBride) ・・・他
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる