「ジョージア・オン・マイ・マインド」(邦題 : 我が心のジョージア)は、1930年に”ホーギー・カーマイケル・アンド・ヒズ・オーケストラ(Hoagy Carmichael and his Orchestra)”によってリリースされた楽曲。

Georgia On My Mind/Hoagy Carmichael and his Orchestra

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Georgia+On+My+Mind%2FHoagy+Carmichael+and+his+Orchestra

1960年に”レイ・チャールズ”がカバー。
同年リリースのアルバム「ジーニアス・ヒッツ・ザ・ロード」(The Genius Hits the Road)に収録されました。

↑アルバム「ジーニアス・ヒッツ・ザ・ロード」

アルバム「ジーニアス・ヒッツ・ザ・ロード」は、”レイ・チャールズ”のアルバムが初めてトップ10入りを果たしたアルバムで、(米国アルバムチャートの9位を記録)
それまでのR&B色の強いアルバムから、人種を問わず聞いてもらえるポピュラーソングというものを意識し、アメリカの州に関連のある楽曲によって構成されたアルバムで、見事、ヒットを獲得しました。
なかでも紹介の楽曲、”レイ・チャールズ”の故郷でもあるジョージア州を歌った「ジョージア・オン・マイ・マインド」はシングルリリースとなり、米国シングルチャートの1位を獲得するヒットとなりました。

「ジョージア・オン・マイ・マインド」は1979年にジョージア州歌に制定。
現在では、ジャズのスタンダードナンバーの1つにもなっている名曲で、たいへん多くのアーティストにカヴァーされています。

Georgia On My Mind/Ray Charles

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Georgia+On+My+Mind%2F%2FRay+Charles

“レイ・チャールズ”の伝記映画「レイ」(Ray)のサウンドトラックにも収録されていますよ。

↑映画「レイ」(Ray)

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ホーギー・カーマイケル・アンド・ヒズ・オーケストラ (Hoagy Carmichael and his Orchestra) [*Original]
  • ルイ・アームストロング (Louis Armstrong)
  • ジェームス・ブラウン & ジェイビーズ (James Brown & The J.B.’s)
  • エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス (Ella Fitzgerald & Joe Pass)
  • ジェリー・ウォレス (Jerry Wallace)
  • ルー・ロウルズ (Lou Rawls)
  • ライチャス・ブラザーズ (The Righteous Brothers)
  • エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド (Eric Clapton & Steve Winwood)
  • マイケル・ボルトン (Michael Bolton)
  • ウィリー・ネルソン (Willie Nelson)
  • マイケル・ブーブレ (Michael Bublé)
  • ザ・バンド (The Band)
  • ジェシカ・ヤング (Jessica Young)
  • アニー・レノックス (Annie Lennox)
  • ドン・シャーリー (Don Shirley)
  • エース・キャノン (Ace Cannon)
  • タル・ファーロウ (Tal Farlow)
  • ハンク・ジョーンズ (Hank Jones)
  • オスカー・ピーターソン・トリオ (Oscar Peterson Trio)
  • メイシオ・パーカー (Maceo Parker)
  • ジュニア・マンス (Junior Mance)
  • デイヴィッド・サンボーン (David Sanborn)
  • ニューヨーク・ジャズトリオ (New York Jazz Trio)
  • ビージー・アデール (Beegie Adair)
  • デクスター・ゴードン (Dexter Gordon)
  • エディ・ハリス (Eddie Harris)
  • トミー・エマニュエル (Tommy Emmanuel)
  • ベン・ウェブスター (Ben Webster)
  • J・J・ジョンソン&カイ・ウィンディング (J.J.Johnson & Kai Winding)
  • エディ・ヒギンズ・トリオ (Eddie Higgins Trio)
  • ホッド・オブライエン・トリオ (Hod O’Brien Trio)
  • グレン・ミラー (Glenn Miller)
  • ブーガルー・ジョー・ジョーンズ (Boogaloo Joe Jones)
  • ジェラルド・アルブライト (Gerald Albright)
  • グローヴァー・ワシントン・ジュニア (Grover Washington Jr.)
  • ジョン・スコフィールド (John Scofield)
  • ウェス・モンゴメリー (Wes Montgomery)
  • ファブリッツィオ・ボッソ (Fabrizio Bosso)
  • サム・テイラー (Sam Taylor)
  • バーニー・ケッセル (Barney Kessel)
  • スス・フォン・アーン (Suss Von Ahn)
  • ドナ・グルーム (Donna Groom)
  • 尾崎 紀世彦 (Ozaki Kiyohiko)
  • 柳 ジョージ (Yanagi George)
  • 上田正樹 (Ueda Masaki)
  • 五木ひろし (Itsuki Hiroshi)
  • 山崎まさよし (Yamazaki Masayoshi)
  • 小林桂 (Kobayashi Kei)
  • 小野リサ (Ono Lisa)
  • 嶋津健一 (Shimazu Kenichi)
  • 葉加瀬太郎&古澤巌 (Hakase Taro & Furusawa Iwao)
  • 山中千尋 (Yamanaka Chihiro)
  • 角田健一ビッグバンド (Tsunoda Kenichi Big Band)
  • 今田 勝 (Imada Masaru)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる