MENU

アイル・ビー・ゼア / マライア・キャリー feat.トレイ・ロレンツ (I’ll Be There/Mariah Carey feat. Trey Lorenz)

「アイル・ビー・ゼア」は、『ジャクソン・ファイヴ』(The Jackson 5 )が、1970年にリリースした楽曲。
第4弾となったシングルで、全米チャートの1位を記録し、メジャーデビュー曲の”I Want You Back“から本作まで四連続で1位を獲得するという記録を作りました。
同年リリースのアルバム「Third Album」にも収録されています。
『ジャクソン・ファイヴ』は、ジャクソンファミリーで結成されたバンドグループで、幼少期の”マイケル・ジャクソン”が在籍していたことでも有名ですね。

I’ll Be There/The Jackson 5

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=I%27ll%C2%A0Be%C2%A0There%2FThe+Jackson+5

↑アルバム「Third Album

そして、ここでピックアップした”マライア・キャリー”のバージョンは、1992年に放映されたMTVの人気企画「アンプラグド」ライヴで歌われ、その模様を音源化したアルバム「MTV アンプラグド」(MTV Unplugged)の先行シングルとしてリリースされたもの。
米国やカナダのシングルチャートで1位をはじめ、多くの国で上位にランキングされるヒットとなりました。
また、アルバム「MTV アンプラグド」もビッグセールスを記録しました。

I’ll Be There/Mariah Carey feat. Trey Lorenz

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=I%27ll%C2%A0Be%C2%A0There%2FMariah%C2%A0Carey

↑アルバム「MTV アンプラグド」

“マライア・キャリー”のバージョンは、当時、”マライア・キャリー”のバックボーカルを務めた”トレイ・ロレンツ(Trey Lorenz )”とのデュエットとなっており、”ジャクソン・ファイヴ”の「アイル・ビー・ゼア」とは、また違った、少し大人っぽい雰囲気を見せてくれています。
“トレイ・ロレンツ”は、この「アイル・ビー・ゼア」のデュエットで一躍脚光を浴び、知名度を上げました。

デビューアルバム、セカンドアルバムとヒットを記録し、人気を上げていた中でのライヴアルバムのリリースは、”マライア・キャリー”の実力を世に知らしめ、更なる大ブレイクを決定づけたライヴ音源といえるでしょう。

また、このライヴの模様を収めたものは、DVD「MTV アンプラグド」としてもリリースされました。
デビューして間もないフレッシュさを感じさせながらも、その並外れた実力を知ることが出来るライヴ映像は、おすすめです。ぜひご覧下さい。

↑DVD「MTV アンプラグド」

紹介の曲「アイル・ビー・ゼア」は、
1995年に公開された映画「Dearフレンズ」(原題 : Now and Then )など、

映画や番組に使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ジャクソン・ファイヴ (The Jackson 5) [*Original]
  • ジャーメイン・ジャクソン (Jermaine Jackson)[*Self-Cover]
  • マーカス・ミラー (Marcus Miller)
  • マイケル・ラフ (Michael Ruff)
  • アンジェラ (angela)
  • 宝塚歌劇団 (Takarazuka Revue Company)
  • ユーキュウヒャク (U900)
  • サワ (SAWA)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる