ヴァニシング / マライア・キャリー (Vanishing/Mariah Carey)

「ヴァニシング」は、1990年にリリースされた”マライア・キャリー”のデビューアルバム「マライア」(MARIAH CAREY)
に収録された、ピアノをバックグラウンドに歌われる、ゴスペルフィーリングたっぷりのアコースティックなナンバー。
力強い低音からフラジオレットボイスまでを豊かに巧みにこなす、”マライア・キャリー”のポテンシャルを知ることの出来る1曲です。

Vanishing/Mariah Carey

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Vanishing%2FMariah%C2%A0Carey

↑デビューアルバム「マライア」

「ヴァニシング」が収録されたデビューアルバム「マライア」(MARIAH CAREY)からは、5曲がシングルカットとなり、うち4曲は全米チャートの1位を獲得。
アルバムはビッグセールスをあげ、全米アルバムチャートの1位を11週連続で獲得するという快挙を打ち立てた、モンスターアルバムとなりました。
結果、第33回のグラミー賞において、”マライア・キャリー”は「最優秀新人賞」と、「最優秀ポップ・女性ボーカル・パフォーマンス賞」を受賞しています。

デヴューアルバムにして名曲揃い。
しなやかで力強く、紹介の「ヴァニシング」に見られるような、若くして作られる深いエモーションからは、まさにスペシャル・逸材という言葉を感じられるでしょう。
スキルはもちろん、まだ若いデビュー当時の”マライア・キャリー”の、有り余る歌唱力を感じる事ができる名盤です。

今は女性アーティストであれば、誰もが「歌姫」と呼ばれてしまう時代となり、「歌姫」の称号の格も落ちてしまいましたが、この時代のアルバムを聞いてみれば、”マライア・キャリー”は実力も美貌もカリスマも備えた、元祖「歌姫」という称号に相応しいことがわかるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる