ザ・ロコ・モーション / リトル・エヴァ (The Loco-Motion/Little Eva)

「ザ・ロコ・モーション」は、”キャロル・キング”と”ジェリー・ゴフィン”によって書かれた楽曲で、1962年にアメリカの女性ポップシンガー”リトル・エヴァ(Little Eva)”によってリリースされました。
米国やカナダのシングルチャート1位をはじめ、多くの国でチャート上位を記録する大ヒットとなりました。
リトル・エヴァを代表する楽曲といえるでしょう。
同年発売のアルバム「LLLLLOCO-MOTION」にも収録されています。

The Loco-Motion/Little Eva

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=The+Loco-Motion%2FLittle+Eva

「ロコ・モーション」とは、蒸気機関車の車輪が動く様子を表したもので、当時の振り付けや、アルバムのタイトルスペルもそれを模していたり、シングルやアルバムジャケットには蒸気機関車が写っています。

↑リトル・エヴァ「ザ・ロコ・モーション」

1974年には、米国のロックバンド”グランド・ファンク・レイルロード”がロックアレンジでカバーし、またもやビルボードチャート1位を獲得するヒット。

The Loco-Motion/Grand Funk Railroad

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=The+Loco-Motion%2FGrand+Funk+Railroad

↑グランド・ファンク・レイルロード

1988年には、ユーロビートムーヴメントの火付け役の一人”カイリー・ミノーグ”がカバー、ここでもヒットを記録します。

The Loco-Motion/Kylie Minogue

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=The+Loco-Motion%2FKylie+Minogue

↑カイリー・ミノーグ

ほかにも、多くのアーティストにカバーされる楽曲で、まさに、歌い手や時代を選ばないヒットチューンと言えるでしょう。
また、作者であるキャロル・キング自身も1980年にセルフカバーアルバム「パールズ」(PEARLS : SONGS OF GOFFIN & KING)で収録していますよ。

↑キャロル・キングのセルフカバーアルバム「PEARLS」

紹介の曲「ザ・ロコ・モーション」は、

1975年に公開された映画「雨のロスアンゼルス」(原題 : Aloha, Bobby and Rose )ほか、

エミリー・ワトソン主演、ラース・フォン・トリアー監督作品、
1996年公開「奇跡の海」(原題 : Breaking the Waves )

幻の大波”ビッグウェンズデー”に挑むサーファーたちの青春を描く、
1978年に公開の映画「ビッグ・ウェンズデー」
(原題 : There Goes My Baby )

キアヌ・リーブス主演のクライムサスペンス、
1983年に公開された映画「エクスポーズ 暗闇の迷宮」(原題 : Exposed )

ダン・エイクロイド / エディ・マーフィー主演、2人の青年の運命を描いたコメディ、
1983年に公開された映画「大逆転」(原題 : Trading Places )

34mの巨体になってしまった赤ちゃんが巻き起こすドタバタ・ファンタジー、
1992年に公開された映画「ジャイアント・ベビー」(原題 : Honey I Blew Up the Kid )

1993年に公開の映画「マチネー/土曜の午後はキッスで始まる」(原題 : Matinee )

アンナ・クラムスキー主演のハートフル・ストーリー、
1994年に公開の映画「マイ・ガール 2」(原題 : My Girl 2 )

1972年に実際に起きたホワイトハウスの大スキャンダルをキルスティン・ダンストが、ドタバタコメディで描く、1999年に公開された映画「キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!」(原題 : Dick )

ウィルバート・オードリーの絵本を原作にした人気TVシリーズの劇場版、
2000年に公開された映画「きかんしゃトーマス 魔法の線路」
(原題 : Thomas and the Magic Railroad )

デイヴィッド・リンチ監督作品、ローラ・ダーン主演の不条理ミステリー、
2006年に公開された映画「インランド・エンパイア」(原題 : Inland Empire )

など、映画や番組にも使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • キャロル・キング (Carole King) [*Self-Cover]
  • グランド・ファンク・レイルロード (Grand Funk Railroad)
  • カイリー・ミノーグ (Kylie Minogue)
  • シルヴィ・ヴァルタン (Sylvie Vartan)
  • リッツ (Ritz)
  • アイケッツ (IKETTES)
  • アイク&ティナ・ターナー (Ike & Tina Turner)
  • リンダ・カーター (Lynda Carter)
  • ザ・ベンチャーズ (The Ventures)
  • クレア・ティール (Clare Teal)
  • サンドラ・ルカ (Sandra Luca)
  • 巫慧敏 (amin)
  • ピエール・ジャン・ジドン feat. ソフィー (Pierre-Jean Gidon feat. Sophie)
  • 山本リンダ (Yamamoto Linda)
  • 前川清 (–Maekawa Kiyoshi)
  • 坂本冬美 (Sakamoto Fuyumi)
  • ディーン (DEEN)
  • アトリエ・ボッサ・コンシャス (Atelier Bossa-Conscious)
  • 東京佼成ウインドオーケストラ (Tokyo Kosei Wind Orchestra) ・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる