MENU

アイヴ・ネヴァー・ビーン・トゥ・ミー [邦題:愛はかげろうのように] /シャーリーン (I’ve Never Been To Me/Charlene)

「アイヴ・ネヴァー・ビーン・トゥ・ミー」(邦題 : 愛はかげろうのように)は、米国の女性R&Bシンガー、ランディ・クロフォードが1976年にリリースした楽曲。
アルバム「エヴリシング・マスト・チェンジ」に収録されたバラードです。

↑アルバム「エヴリシング・マスト・チェンジ」(Everything Must Change)

I’ve Never Been To Me/Randy Crawford

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=I%27ve+Never+Been+To+Me%2FRandy+Crawford

ピックアップしたバージョンは、翌年に、米国の女性ポップシンガー、シャーリーンによって歌われたもの。
アルバム「Songs of Love」に収録され、のちにシングルリリースとなった楽曲ですが、リリース時においてはヒットせず、シングルリリースから5年ほど経った1982年、ラジオ放送されたことをきっかけに反響を呼び、米国をはじめ、イギリスやカナダと、次々にヒットを記録。
ブレイクは世界的なものとなり、シャーリーンのバージョンは、一般的に有名なバージョンとなりました。

I’ve Never Been To Me/Charlene

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=I%27ve+Never+Been+To+Me%2FCharlene

↑シャーリーン「Charlene

オリジナルのランディ・クロフォードのバージョンは、ソウルフルでブラックなノリが聞ける玄人なナンバー。
また、シャーリーンのバージョンは、とっつきやすいポップな仕上がりとなっている、一般にも周知されるバージョンです。
どちらも、素敵な作品となっていますね。

また、「アイヴ・ネヴァー・ビーン・トゥ・ミー」(邦題 : 愛はかげろうのように)は、


テレンス・スタンプ / ヒューゴ・ウィービング / ガイ・ピアース出演の傑作コメディ、
1994年に公開された映画「プリシラ」ほか、

2001年に公開された映画「ミー・ウィズアウト・ユー」

など、映画や番組にも使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ランディ・クロフォード (Randy Crawford) [*Original]  ☜おすすめ
  • メアリー・ウェルズ (Mary Wells)
  • ナンシー・ウィルソン (Nancy Wilson)
  • フリーダ・ペイン (Freda Payne)
  • ウォルター・ジャクソン (Walter Jackson)
  • パトリシア・パーイ (Patricia Paay)
  • メアリー・マクレガー (Mary MacGregor)
  • ラッチェル・スプリング (Rachelle Spring)
  • テンプテーションズ (The Temptations)
  • ストックホルム・ジャズ・セット (Stockholm Jazz Set)
  • ハワード・キール (Howard Keel)
  • ローナ・キャメロン (Rhona Cameron)
  • エスエイチイー (S.H.E)
  • デヴィッド・プランプトン (David Plumpton)
  • ボビー・クラッシュ (Bobby Crush)
  • アントニオ・モリナ・ガレリオ (Antonio Morina Gallerio)
  • ロニー・オルドリッチ (Ronnie Aldrich)
  • 江部賢一 (Kennichi Ebe)
  • とも奈 (Tomona)
  • テレサ・テン (Teresa Teng)
  • 小柳ゆき (Koyanagi Yuki)
  • 椎名恵 (Shiina Megumi)
  • 岩崎宏美 (Iwasaki Hiromi)
  • 小林明子 (Kobayashi Akiko)
  • 五條真由美 (Gojo Mayumi)
  • 新妻聖子 (Niizuma Seiko)
  • ヌーン (noon)
  • ミィム (MiM)
  • キモット (Kimotto)
  • ボーイ・ミーツ・ガール (Boy Meets Girl)
  • アトリエ・ボッサ・コンシャス (Atelier Bossa-Conscious)・・・他
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次