MENU

エブリィ・リトル・ビット・ハーツ / ブレンダ・ホロウェイ(Every Little Bit Hurts/Brenda Holloway)

「エブリィ・リトル・ビット・ハーツ」は、エド・コブによって書かれたバラードで、ブレンダ・ハロウェイが1964年にリリースし、ヒットしたナンバーで、ブレンダ・ハロウェイを代表する作品の1つです。

↑ブレンダ・ハロウェイ

幼少期よりゴスペルを歌い、14歳にはバックボーカルなどのボーカルキャリアを始めたというブレンダ・ハロウェイ。
16歳にはインディレーベルよりデビューし、17歳で当時のモータウンレコードのCEOであった、ベリー・ゴーディー・ジュニアに、その才能をスカウトされ、紹介の「エブリィ・リトル・ビット・ハーツ」でモータウンレコードからメジャーデビュー。

Every Little Bit Hurts/Brenda Holloway

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Every%C2%A0Little%C2%A0Bit%C2%A0Hurts%2FBrenda+Holloway

若くして、モータウンレコードのCEOにスカウトされるだけあって、まだ17歳の歌唱とは思えないほど大人っぽく、完成された歌唱をしていますね。

↑おすすめコンピレーションアルバム

また紹介の曲「エブリィ・リトル・ビット・ハーツ」は、

2017年に公開の映画「ベイビー・ドライバー」など、

映画や番組に使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • グラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス (Gladys Knight and the Pips)  ☜おすすめカバー
  • アレサ・フランクリン (Aretha Franklin)
  • アリシア・キース (Alicia Keys)
  • スモール・フェイセス (Small Faces)
  • エルキー・ブルックス (Elkie Brooks)
  • ザ・ジャム (The Jam)
  • スペンサー・デイヴィス・グループ (The Spencer Davis Group)
  • シラ・ブラック (Cilla Black)
  • ジェフリー・オズボーン (Jeffrey Osborne)
  • アイダ・サンド (Ida Sand)
  • ローラ・リー (Laura Lee)
  • ロゼッタ・ハイタワー (Rosetta Hightower)
  • ティーナ・マリー & リック・ジェームス (Teena Marie & Rick James)
  • ジョー・ゴルトマルク feat. ブランディ・シアラー (Joe Goldmark feat.Brandi Shearer)
  • ペギー・スコット (Peggy Scott)
  • チャールズ・ブラウン (Charles Brown)・・・他
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる