MENU

アイ・キャント・ヘルプ・フォーリン・イン・ラヴ・ウィズ・ユー [邦題:好きにならずにいられない] / ユービー・フォーティ | (I Can’t Help) Falling In Love With You / UB40

「アイ・キャント・ヘルプ・フォーリン・イン・ラヴ」(邦題 : 好きにならずにいられない)は、エルビス・プレスリー主演の映画「ブルー・ハワイ」に使用され、エルビス・プレスリー自身によって歌われた楽曲です。
1961年に発売された映画サウンドトラック「ブルー・ハワイ」(Blue Hawaii)に収録されたのち、シングルとしてもリリースされヒットしたバラードです。

↑映画サントラ「ブルー・ハワイ」

Can’t Help Falling In Love / Elvis Presley

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Can%27t+Help+Falling+In+Love+%2F+Elvis+Presley

↑映画「ブルー・ハワイ」

この「アイ・キャント・ヘルプ・フォーリン・イン・ラヴ」(邦題 : 好きにならずにいられない)は、1784年にフランスの音楽家”ジャン・パウル・エジーデ・マルティーニ(Jean-Paul-Égide Martini )”によって書かれたフランスのトラディショナルソング「Plaisir d’amour」をベースに、”ジョージ・デヴィッド・ワイス” “ヒューゴ・ペレティ” “ルイジ・クレアトーレ”らの作家陣が、エルヴィス・プレスリーのバージョンとしてポップスアレンジを施したものと言われています。

Plaisir d’amour

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Plaisir+d%27amour

そして、ここでピックアップしたバージョンは、1993年にイギリスのレゲエバンド『UB40』が、タイトルを「(I Can’t Help) Falling In Love With You」とし、レゲエのテイストを加えたアレンジでカヴァーしたもの。
UB40』のバージョンは、米国・カナダ・英国のシングルチャートなどで1位を記録し、多くの国でチャート上位を獲得する世界的な大ヒットとなり、また、「(I Can’t Help) Falling In Love With You」の収録されたアルバム「好きにならずにいられない」(原題:Promises and Lies)もビッグセールスを記録する、レゲエバンドにとっての快挙となりました。

(I Can’t Help) Falling In Love / UB40

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=(I+Can%27t+Help)+Falling+In+Love+%2F+UB40

↑アルバム「好きにならずにいられない」(Promises and Lies)

尚、紹介の曲「キャント・ヘルプ・フォーリン・イン・ラヴ」は、

シャロン・ストーン主演で贈る、衝撃の官能サスペンス。「硝子の塔」(原題 : Sliver )ほか、

記憶喪失をきっかけに、性格ブスの夫人が魅力的な女性に変身する。「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル監督が、ゴールディ・ホーンとカート・ラッセル共演で贈るラブコメディ。1987年公開の映画「潮風のいたずら」(原題 : Overboard )

1992年公開の映画「ハネムーン・イン・ベガス」

リバー・フェニックスの遺作となった作品。それぞれ夢を持っている若者4人が、様々な困難と挫折、悲しみを乗り越えながら、希望、幸福、そして愛を見出していく姿を描く。
1993年公開の映画「愛と呼ばれるもの」(原題 : The Thing Called Love )

マシュー・ペリー / サルマ・ハエックが扮するカップルのドタバタを描いたラブコメディ。
“一夜限り”が“運命の出会い”に変わることもある…。”
1997年公開の映画「愛さずにはいられない」(原題 : Fools Rush In )

ニューヨークに実在するワイルドなクラブ・バー「コヨーテ・アグリー」。それぞれの目標のために、そこで働く女性バーテンダーたちのエネルギッシュな姿を描くサクセスストーリー。2000年公開の映画「コヨーテ・アグリー」(原題 : Coyote Ugly )

シャルロット・ゲンズブール / ジョニー・デップ出演。2組の夫婦と、気ままに生きる独身男の、それぞれが抱える家庭の問題や恋愛の行方を描いた作品。
2004年公開の映画「フレンチなしあわせのみつけ方」
(原題 : Ils se marièrent et eurent beaucoup d’enfants )

SF映画の金字塔「ブレードランナー」。「人間とレプリカントの違いとは何か?」「人間らしくあることとは何か?」人間と人造人間《レプリカント》ーーー
人類存亡に関わる<真実>が今、明かされる。2017年公開の映画「ブレードランナー 2049」(原題 : Blade Runner 2049 )

など、映画や番組に使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • Plaisir d’amour (written:Jean-Paul-Égide Martini)[*French/Tradisional-Original]
  • エルヴィス・プレスリー (Elvis Presley)[*English/Pops-Original]
  • アル・マルティーノ (Al Martino)
  • アン・マレー (Anne Murray)
  • バリー・マニロウ (Barry Manilow)
  • スリム・ホイットマン (Slim Whitman)
  • スタイリスティックス (The Stylistics)
  • アンディ・ウィリアムス (Andy Williams)
  • コリー・ハート (Corey Hart)
  • ホセ・フェリシアーノ (José Feliciano)
  • ジミー・キャスター (Jimmy Castor)
  • ボブ・ディラン (Bob Dylan)
  • ブルース・スプリングスティーン (Bruce Springsteen)
  • ベック (Beck)
  • マイケル・ブーブレ (Michael Bublé)
  • イル・ディーヴォ (Il Divo)
  • アンドレ・リュウ (André Rieu)
  • アンドレア・ボチェッリ (Andrea Bocelli)
  • エー・ティーンズ (A☆TEENS)
  • ハリー・コニック・ジュニア (Harry Connick Jr.)
  • ヘンリー・マックロウ (Henry McCullough)
  • ラッセル・ワトソン (Russell Watson)
  • ウィンストン・フランシス(Winston Francis)
  • ニール・ショーン (Neal Schon)
  • フィンバー・ライト (Finbar Wright)
  • マイレッド・カーリン (Mairéad Carlin)
  • フリオ・イグレシアス (Julio Iglesias)
  • リック・アストリー (Rick Astley)
  • クリストファー・ウェスト (Christopher West)
  • ジョセフ・ウィリアムズ (Joseph Williams)
  • ジャニー・ベイ (Janie Bay)
  • カレン・ソウサ (Karen Souza)
  • ペンタトニックス (Pentatonix)
  • アーロ・ガスリー (Arlo Guthrie)
  • イングリッド・マイケルソン (Ingrid Michaelson)
  • ヘイリー・ラインハート (Haley Reinhart)
  • ターニャ・バーグ, ファイアストーン・バンド, ウーヴェ・グリム&ユルゲン・ブリンクマン(Tanja Berg, Firestone-Band, Uwe Grimm & Jürgen Brinkmann)
  • ジル・ジョンソン&ローニー・ディア (Jill Johnson & Loney Dear)
  • プッチーニ&エリクソン (Puccini & Ericson)
  • テレサ・テン (Teresa Teng)
  • イーデン・カイ (Eden Kai)
  • ハイスタンダード (Hi-STANDARD)
  • ドリーム アミ (Dream Ami)
  • 加山雄三 (Kayama Yuzo)
  • 山下 敬二郎 (Yamashita Keijiro)
  • 和田アキ子 (Wada Akiko)
  • 綾戸 智恵 (Ayado Chie)
  • 寺尾 聰 (Terao Akira)
  • 三浦 大知 (Miura Daichi)
  • 手嶌 葵 (Teshima Aoi)
  • 上山高史 (Kamiyama Takash)
  • 葉加瀬太郎 (Hakase Taro)
  • 宝塚歌劇団 (Takarazuka Revue Company)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる