MENU

アンチェインド・メモリー / ザ・ライチャス・ブラザーズ (Unchained Melody/THE RIGHTEOUS BROTHERS)

「アンチェインド・メモリー」は、刑務所を舞台にした、1955年の映画「アンチェインド」(Unchained )のために、アレックス・ノース(Alex North)とハイ・ザレット (Hy Zaret)によって書かれたラブソングで、劇中、トッド・ダンカン(Todd Duncan)によって歌われました。
「あなたに触れたくて、たまらない」という心情が歌われており、獄中から、遠く離れた妻や家族に想いを馳せる主人公の気持ちを表すバラードとなっています。
同年、レス・バクスター楽団(Les Baxter His Chorus And Orchestra)のインストゥルメントバージョン、及び、盲目のシンガー”アル・ヒブラー (Al Hibbler)”の歌曲がリリースされて以降、多くのアーティストにカヴァーされる名曲です。

Unchained Melody(1955y film)/Todd Duncan

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Unchained+Melody(1955y+film)%2FTodd+Duncan

映画「アンチェインド」

ピックアップした”ザ・ライチャス・ブラザーズ”のバージョンは、1965年にカバーされたもので、シングルリリース、及び、アルバム「ジャスト・ワンス・イン・マイ・ライフ」に収録されました。

アルバム「ジャスト・ワンス・イン・マイ・ライフ」(Just Once in My Life)

この”ザ・ライチャス・ブラザーズ”のバージョンは、1990年に公開され大ヒットした”デミ・ムーア”主演の映画「ゴースト/ニューヨークの幻」(原題 : GHOST )で用いられ、再び大ヒットをもたらし、”ザ・ライチャス・ブラザーズ”の代表曲となりました。
愛する人を守るために命を落とした、亡き恋人への想いに、「あなたに触れたくて、たまらない」という心情がフィットしますね。

Unchained Melody/THE RIGHTEOUS BROTHERS

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Unchained+Melody%2FTHE+RIGHTEOUS+BROTHERS

映画「ゴースト/ニューヨークの幻」

尚、紹介の曲「アンチェインド・メモリー」は、映画「ゴースト/ニューヨークの幻」のほかにも、

ロザンナ・アークエット / ヴィンセント・スパーノ主演。
1960年代のハイスクールを舞台に、ブルジョワ育ちのお嬢様・ジルと、喧嘩と退学を繰り返している不良少年・シークの階級差のある恋の行く末を描く青春映画「ベイビー・イッツ・ユー」(原題 : Baby It’s You )

傑作コメディ「裸の銃を持つ男」シリーズ第2弾。
1991年公開の映画「裸の銃を持つ男 PART2½」
(原題 : The Naked Gun 2½: The Smell of Fear )

マルチェロ・マストロヤンニ / ソフィア・ローレン / ジャン=ピエール・カッセル / キム・ベイシンガー / ジュリア・ロバーツになど豪華キャストで描く。世界中が注目する一大ファッションショー、パリ・コレクションの舞台裏に隠された裏切りや欲望が渦巻く人間模様を描いたドラマ。1994年に公開された映画「プレタポルテ」(原題 : Prêt-à-Porter )

天使の笑顔の裏側には、国際手配されたIRAのテロリスト、“エンジェル”という“悪魔の顔”が隠されていた…。ハリソン・フォードとブラッド・ピットの2大スターが対決するサスペンス・アクション。1997年に公開された映画「デビル」(原題 : The Devil’s Own )

グウィネス・パルトロウが贈るサクセスコメディ。
2003年に公開された映画「ハッピー・フライト」(原題 : View from the Top )

ジュード・ロウ主演によりリメイクしたシニカルなラブロマンス。
極上の女性との出会いを求めて、イギリスからニューヨークへ渡ってきたプレイボーイ“アルフィー”の恋愛模様を描いたスタイリッシュなラブストーリー。
2004年に公開された映画「アルフィー」(原題 : Alfie )

ラファエル・ペルソナ主演のラブコメディ。別れた恋人マリーを忘れられないトマは、偶然赤ちゃんを預かることに。「子ども嫌い」の汚名を返上し、マリーの愛を取り戻そうとイクメンぶりをアピールするが…、
2013年に公開された映画「恋のベビーカー大作戦」(原題 : La stratégie de la poussette )

など、多くの映画や番組に使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • トッド・ダンカン (Todd Duncan)[*Original/1955y film]
  • レス・バクスター楽団 (Les Baxter His Chorus And Orchestra)[*Original/Inst]
  • アル・ヒブラー (Al Hibbler)[*Original/publish song]
  • ロイ・ハミルトン (Roy Hamilton)
  • ジミー・ヤング (Jimmy Young)
  • ジューン・ヴァリ (June Valli)
  • ジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルー・キャップス (Gene Vincent & His Blue Caps)
  • モーリス・ジャール&ライチャス・ブラザーズ (Maurice Jarre & THE RIGHTEOUS BROTHERS)
  • エルヴィス・プレスリー (Elvis Presley)
  • リッキー・ネルソン (Ricky Nelson)
  • スウィート・インスピレイションズ (The Sweet Inspirations)
  • マンハッタン・トランスファー (The Manhattan Transfer)
  • プラターズ (The Platters)
  • ジミー・スコット (Jimmy Scott)
  • ブレンダ・ハロウェイ (Brenda Holloway)
  • アル・グリーン (Al Green)
  • ロイ・オービソン (Roy Orbison)
  • シンディ・ローパー (Cyndi Lauper)
  • イル・ディーヴォ (Il Divo)
  • ユー・ツー (U2)
  • ノラ・ジョーンズ (Norah Jones)
  • グリー・キャスト (Glee Cast)
  • サリナ・ジョーンズ (Salena Jones)
  • ジョージ・ベンソン (George Benson)
  • クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ (Cliff Richard & The Shadows)
  • ザ・レターメン (The Lettermen)
  • マット・モンロー (Matt Monro)
  • ケニー・ロジャース (Kenny Rogers)
  • リアン・ライムス (LeAnn Rimes)
  • エア・サプライ (Air Supply)
  • サラ・マクラクラン (Sarah McLachlan)
  • シー&ヒム (She & Him)
  • ジョセフ・ウィリアムズ (Joseph Williams)
  • ジャスティン・グアリーニ (Justin Guarini)
  • スーザン・ボイル (Susan Boyle)
  • リッキー・リー (Ricki-Lee)
  • ローレン・アライナ (Lauren Alaina)
  • ギャレス・ゲイツ(Gareth Gates)
  • ジャッキー・エドワーズ (Jackie Edwards)
  • ビージー・アデール (Beegie Adair)
  • チェット・アトキンス (Chet Atkins)
  • ポール・モーリア (Paul Mauriat)
  • ギル・ゴールドスタイン (Gil Goldstein)
  • アレックス・ノース, リチャード・カウフマン&ニュルンベルク交響楽団 (Alex North, Richard Kaufman & Nuremberg Symphony Orchestra)
  • 松崎 しげる (Matsuzaki Shigeru)
  • りりィ (Lily)
  • ペギー葉山 (Peggy Hayama)
  • 八代 亜紀 (Yashiro Aki)
  • 水木 一郎 (Mizuki Ichiro)
  • 島津亜矢 (Shimazu Aya)
  • 藤田恵美 (Fujita Emi)
  • 平井 堅 (Hirai Ken)
  • 樹里からん (Julee Karan)
  • 当山ひとみ (Tohyama Hitomi)
  • 木村 好夫 (Kimura Yoshio)
  • ジャッキー吉川とブルー・コメッツ (Jacky Yoshikawa & His Blue Comets)
  • ザ・ゴールデン・カップス (The Golden Cups)
  • アトリエ・ボッサ・コンシャス (Atelier Bossa Conscious)
  • 宝塚歌劇団 (Takarazuka Revue Company)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる