MENU

ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ / ジェフ・リンズ・エレクトリック・ライト・オーケストラ (Jeff Lynne’s ELO / When I Was a Boy)

「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」は、「ポップの魔術師」と称される”ジェフ・リン”を核とする英国のバンド『ジェフ・リンズ・エレクトリック・ライト・オーケストラ』が、2015年にリリースした楽曲。
アルバム「アローン・イン・ザ・ユニバース」に収録されたポップでセンチメンタルなナンバーです。

Jeff Lynne’s ELO / When I Was a Boy

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Jeff+Lynne%E2%80%99s+ELO+%2F+When+I+Was+a+Boy

↑アルバム「アローン・イン・ザ・ユニバース」

「小さな頃、夢があった。」
そんなタイトルや歌詞にあるように、自分の小さな頃の気持ちや純粋な想いを呼び起こさせ、胸をキュンとさせるノスタルジーなメロディやサウンドメイクからは、ポップセンスや創作のクオリティを感じ取る事が出来ます。

ジェフ・リンが敬愛するビートルズのポップセンスを受け継ぎ、クラッシックとの融合を感じさせるサウンドは、度々、”ロック・オーケストラ・バンド”と称され、1970年代に人気を獲得しました。

アルバム「アローン・イン・ザ・ユニバース」は、前作「ズーム」(Zoom)から、14年ぶりとなる作品。
紹介の「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」をはじめ、ELOサウンド、ジェフリンマジックが詰まっている作品といえるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる