ペイント・イット・ブラック [邦題:黒くぬれ] / ザ・ローリング・ストーンズ (Paint It Black/THE ROLLING STONES)

「ペイント・イット・ブラック」(邦題 : 黒くぬれ) は、1966年に英国のロックバンド『ローリング・ストーンズ』がリリースした楽曲。
シングル、及び、同年発売のアルバム「アフターマス」(US盤)に収録されました。

民族・宗教的なリフと、シタールの音色がアクセントとなり、幻想的で印象に残る楽曲。
その斬新なサウンドは褪せることがないですね。
シングルは米国・英国ともに1位を獲得し、多くの国で上位にチャートインするヒットとなりました。
コンピレーションアルバムにも、度々、クレジットされる『ローリング・ストーンズ』の代表曲のひとつです。

Paint It Black/THE ROLLING STONES

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Paint%C2%A0It%C2%A0Black%2FTHE%C2%A0ROLLING%C2%A0STONES

↑アルバム「アフターマス」(Aftermath)

『ローリング・ストーンズ』は、アメリカのロックシーンが勢いを失い、低迷していた時期に、ビートルズと同じく、ブリティッシュから新たなロックの大流をもたらした音楽史的に見ても重要なバンド。
ブルースを原点とし、忠実なロックバンドなどと例えられる『ローリング・ストーンズ』のサウンドは、様々なアーティストに影響を与えています。

↑おすすめコンピレーションアルバム

尚、紹介の曲「ペイント・イット・ブラック」は、

スタンリー・キューブリック監督作品。グスタフ・ハスフォード原作の小説を基に、徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様など、ベトナム戦争の狂気を描いた戦争映画。
1987年に公開された映画
「フルメタル・ジャケット」(原題 : Full Metal Jacket)

ヴィン・ディーゼル主演、現代の魔女狩りを描いたSFアクション。
2015年に公開された映画「ラスト・ウィッチ・ハンター」
(原題 : The Last Witch Hunter)

トム・クルーズ / ソフィア・ブテラ主演。
解き放たれた“究極の悪”
選ばれし男は、光か闇か!? モンスターを倒すのはモンスターだ!
2017年に公開された映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」
(原題 : The Mummy)

など、映画や番組にも使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ディープ・パープル (Deep Purple)
  • エリック・バードン&アニマルズ (Eric Burdon & The Animals)
  • ユー・ツー (U2)
  • ザ・ベンチャーズ (The Ventures)
  • ヴァネッサ・カールトン (Vanessa Carlton)
  • リック・ウェイクマン (Rick Wakeman)
  • ロニー・ジョーダン (Ronny Jordan)
  • グレン・ティプトン (Glenn Tipton)
  • ミニストリー (Ministry)
  • シアラ (Ciara)
  • ラミン・ジャヴァディ (Ramin Djawadi)
  • デヴィッド・アクセルロッド (David Axelrod)
  • デイヴィッド・ギャレット (David Garrett)
  • アンヴィル (Anvil)
  • ジョー・パス (Joe Pass)
  • ジョニー・ハリス (Johnny Harris)
  • ジョン・ナザレンコ・トリオ (John Nazarenko Trio)
  • ディー・スナイダー, フランキー・バナリ, ジョージ・リンチ, トニー・フランクリン (Dee Snider, Frankie Banali, George Lynch, Tony Franklin)
  • エンジェル・ブレイク (Angel Blake)
  • サンダー (Thunder)
  • マリー・ラフォレ (Marie Laforet)
  • RCサクセション (RC SUCCESSION)
  • ダイアモンド・ユカイ (Diamond Yukai)
  • ニコチン (NICOTINE)
  • スムース・ジャズ・エクスプレス (mooth Jazz Express)
  • ザ・ダニッシュ・ラジオ・ビッグ・バンド & チャーリー・ワッツ (The Danish Radio Big Band & Charlie Watts)
  • エスカーラ (Escala)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる