ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ / ザ・スプリームス (Stop! In The Name Of Love/The Supremes)

「ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ」は、ラモント・ドジャー(Lamont Dozier)によって書かれた楽曲で、米国の女性ボーカルグループ『ザ・スプリームス』が1965年にリリースしたシングル。
米国シングルチャートの1位を記録したヒット曲です。
『ザ・スプリームス』の全盛期の勢いを感じさせる楽曲で、第8回グラミーアワードにおいて「最優秀コンテンポラリー(ロック部門)・パフォーマンス賞 / グループ部門」にノミネートしています。
ビート感のあるロックテイストのある曲で、ロック系アーティストにもカヴァーされることも多い楽曲です。

Stop! In The Name Of Love/The Supremes

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Stop!%C2%A0In%C2%A0The%C2%A0Name%C2%A0Of%C2%A0Love%2FThe+Supremes

同年にリリースされたアルバム「モア・ヒッツ・バイ・ザ・スプリームス」にも収録されています。

↑アルバム「モア・ヒッツ・バイ・ザ・スプリームス」(More Hits by The Supremes)

「ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ」は、『ザ・スプリームス』が、初めて米国シングルチャートの1位を獲得した「Where Did Our Love Go」(邦題 : 愛はどこへ行った)から数えて4作目となるシングルですが、この「ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ」の次のシングルとなる「Back in My Arms Again」(邦題 : 涙のお願い)までの5作連続で、米国シングルチャートの1位を獲得するという快挙を記録しています。

↑おすすめコンピレーションアルバム

また、紹介の曲「ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ」は、
1975年に公開された映画「クーリー・ハイ」(原題 : COOLEY HIGH )

ハリウッドの巨匠、ジョージ・ルーカス監督の名作『アメリカン・グラフィティ』の続編。
1979年に公開の映画「アメリカン・グラフィティ2」(原題 : More American Graffiti )

ロザンナ・アークエット / ヴィンセント・スパーノ主演による1960年代のハイスクールを舞台に、ブルジョワ育ちのお嬢様・ジルと、喧嘩と退学を繰り返している不良少年・シークの階級差のある恋の行く末を描く青春ドラマ。1983年に公開された映画「ベイビー・イッツ・ユー」(原題 : Baby It’s You )

バート・レイノルズ / ジャッキー・チェンほか出演。ルール無用のアメリカ横断レース“キャノンボール”を描いた痛快アクションのシリーズ第2作。
1979年に公開の映画「キャノンボール2」(原題 : Cannonball Run II )

など、映画や番組にも使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ロニ・ヒル (Roni Hill)
  • ジョーン・オーリンズ (Joan Orleans)
  • グロリア・ゲイナー (Gloria Gaynor)
  • マージー・ジョセフ (Margie Joseph)
  • アイズレー・ブラザーズ (The Isley Brothers)
  • ホリーズ (The Hollies)
  • シニータ (Sinitta)
  • ラモント・ドジャー (Lamont Dozier)
  • ビリー・プレストン (Billy Preston)
  • デルロイ・ウィルソン (Delroy Wilson)
  • ジーン・ピットニー (Gene Pitney)
  • ジーン・テレル, リンダ・ローレンス&シェリー・ペイン (Jean Terrell, Lynda Laurence & Scherrie Payne)
  • メアリー・ウィルソン&ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 (Mary Wilson & London Philharmonic Orchestra)
  • グローブ (globe)
  • 阿川 泰子 (Agawa Yasuko)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる