MENU

ロック・アンド・ロール / レッド・ツェッペリン (Rock And Roll/LED ZEPPELIN)

「ロック・アンド・ロール」は、英国のバンド『レッド・ツェッペリン』が1971年にリリースした楽曲。
アルバム「レッド・ツェッペリンIV」*に収録され、翌年にはシングルカットとなったヒットナンバーで、レコーディングには、”ローリングストーンズ”の6人目のメンバーと言われるキーボードの”イアン・スチュワート”が起用されています。
*(ノンタイトルである為、「Led Zeppelin IV」として、一般に表記されるアルバムです)

Rock And Roll/LED ZEPPELIN

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Rock%C2%A0And%C2%A0Roll%2FLED%C2%A0ZEPPELIN

疾走感溢れるノリのよい楽曲「ロック・アンド・ロール」は、コンピレーションアルバムなどにも度々クレジットされ、様々なアーティストにカバーされる、『レッド・ツェッペリン』の中でも人気の高い1曲。

↑アルバム「レッド・ツェッペリンIV」

「ロック・アンド・ロール」が収録されたアルバム「レッド・ツェッペリンIV」は、米国をはじめ、英国やカナダなどでチャート上位を獲得し、ビッグセールスを記録した、『レッド・ツェッペリン』の黄金期のアルバムのひとつです。

『レッド・ツェッペリン』は1995年に”ロックの殿堂”入りを果たし、2006年には”イギリス音楽の殿堂”と言われる「UK Music Hall Of Fame」にも名を連ねています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ハート (HEART)
  • サミー・ヘイガー&ザ・サークル (Sammy Hagar & The Circle)
  • アルバート・カミングス (Albert Cummings)
  • マイケル・ホワイト&スティーヴ・ルカサー (Michael White & Steve Lukather)
  • ツインザー (TWINZER)
  • チャー (Char)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる