プリーズ・リメンバー・ミー / ティム・マッグロウ (Please Remember Me/Tim McGraw)

「プリーズ・リメンバー・ミー」は、ポップカントリーの先駆者のひとりでもある、米国の男性カントリーシンガー、ロドニー・クロウェル(Rodney Crowell )がリリースした楽曲。
1995年のアルバム「Jewel of the South」にも収録されました。
失った愛に想いを馳せ、感情が込み上げるようなメロディが印象的なバラードです。

Please Remember Me/Rodney Crowell

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Please+Remember+Me%2FRodney+Crowell

↑ロドニー・クロウェル / アルバム「Jewel of the South

ここでピックアップしたものは、米国の男性カントリーシンガー、ティム・マッグロウ(Tim McGraw)のバージョン。
1999年のアルバム「プレイス・イン・ザ・サン」に収録され、シングルもリリースされました。

シングルは、米国ポップチャートの10位にランクイン、カントリーチャートにおいては米国やカナダで1位を記録するなどヒットを記録し、第42回グラミーアワードにおいて「最優秀男性カントリー・ヴォーカル・パフォーマンス賞」にノミネートされ、音楽業界各方面で絶賛されました。

Please Remember Me/Tim McGraw

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Please+Remember+Me%2FTim+McGraw

また、アルバム「プレイス・イン・ザ・サン」も、「プリーズ・リメンバー・ミー」を含む、5曲もの楽曲がシングルカットとなり、全米アルバムチャートにおいて初登場1位を記録するなど、ヒットを記録しています。

↑ティム・マッグロウ / アルバム「プレイス・イン・ザ・サン」

ティム・マッグロウもまた、カントリーとロックやポップなどのジャンルをクロスオーバーさせ、カントリーというジャンルから多くのヒットを作り出したアーティストの1人。
カントリーというジャンルにして、多くのセールスを上げた彼の功績はとても大きく、カントリーを語るうえで、ガース・ブルックス以降においては彼の名を無視する事は出来ない、米国のカントリーシンガーを代表する一人と言えるでしょう。

また、余談ではありますが、奥方がアーティストのフェイス・ヒルであるということも有名です。

↑おすすめコンピレーションアルバム

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ロドニー・クロウェル(Rodney Crowell)[*Original]
  • アーロン・ネヴィル&リンダ・ロンシュタット (Aaron Neville & Linda Ronstadt)
  • ダニエル・ブラッドベリー (Danielle Bradbery)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる