MENU

トゥ・ザイオン / ローリン・ヒル (To Zion/Lauryn Hill feat. Carlos Santana)

「トゥ・ザイオン」は、”ローリン・ヒル”が、1998年にリリースしたソロデビューアルバム「ミスエデュケーション」(The Miseducation of Lauryn Hill )に収録された楽曲。
彼女の愛息子である”ザイオン”への愛や想いを歌った曲で、ギタリストに”カルロス・サンタナ(Carlos Santana)”がフューチャリングされています。

To Zion/Lauryn Hill feat. Carlos Santana

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=To%C2%A0Zion%2FLauryn%C2%A0Hill+feat.+Carlos+Santana

「トゥ・ザイオン」が収録されたアルバム「ミスエデュケーション」は、米国、カナダチャートで1位を獲得するなど、多くの国でチャート上位にランキングされるビッグセールスを記録。
第41回グラミー賞の11部門にノミネートされ、主要部門の「最優秀アルバム賞」と「最優秀新人賞」を含む、5部門を受賞する快挙となりました。

↑アルバム「ミスエデュケーション」

女優としてデビュー後、ヒップホップグループ「フージーズ」 (The Fugees)として歌手デビューした”ローリン・ヒル”。
「フージーズ」としてもグラミー賞を獲得しており、ソロとなった本作でも成功をおさめた彼女。
当時、日本でも、音楽性やファッション性など、女性からの共感も高く、ヒッブホッパーのカリスマ的アイコンとして、クラブシンガーなどに人気を得たアーティストです。

↑ヒップホップグループ「ザ・フージーズ」

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • サーディック (thirdiq)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次