MENU

フール・フォー・ユア・ラヴィング / ホワイトスネイク (Fool For Your Loving/WHITESNAKE)

「フール・フォー・ユア・ラヴィング」は、英国のロックバンド『ホワイトスネイク』が1980年にリリースしたシングル。
同年リリースのアルバム「フール・フォー・ユア・ラヴィング」(原題 : Ready an’ Willing)にも収録されています。

「フール・フォー・ユア・ラヴィング」は、『ホワイトスネイク』初期のヒット曲・人気曲。
バンドメンバーの変遷、(スティーヴ・ヴァイ(Gt)の加入)で1989年にリメイクされているので、聞き比べてみるのも面白いですよ。
リメイクバージョンは、1989年リリースのアルバム「スリップ・オブ・ザ・タング」(Slip of the Tongue)に収録されています。

Fool For Your Loving (ver.1980)/WHITESNAKE

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Fool%C2%A0For%C2%A0Your%C2%A0Loving%2FWHITESNAKE%E3%80%801980

↑アルバム「フール・フォー・ユア・ラヴィング」(原題:Ready an’ Willing)

Fool For Your Loving (ver.1989)/WHITESNAKE

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Fool%C2%A0For%C2%A0Your%C2%A0Loving%2FWHITESNAKE%E3%80%801989

↑アルバム「スリップ・オブ・ザ・タング」(Slip of the Tongue)

初期のバージョン(1980年)のキーはGmで、最後の最後でシャウト系のフェイクとして一度だけ捕えているC5が最高音、それまでのトップはBb4となります。
最後のシャウト系のフェイクはカッコ良いポイントとなるフレーズなので、省かずにトライしたいですね。

尚、1989年のリメイクバージョンでは、キーがAmへ上がっており、最高音はD5となっています。
どちらを意識して歌唱するかでも変わりますが、ブルース色の強いデイヴィッド・カヴァデールの粘りや熱量、厚みのある歌唱を意識して歌いましょう。

『ホワイトスネイク』は、ディープ・パープルの3代目ボーカリストでもあった、デイヴィッド・カヴァデール(David Coverdale)を中心としたバンド。
デイヴィッド・カヴァデールは、名ロックボーカリストとして名が挙がる人物で、”ジョン・サイクス”に”スティーヴ・ヴァイ”、”コージー・パウエル”など、現在までに錚々たるメンバーを変遷し、今も活動する本格ハードロックバンドです。

↑おすすめコンピレーションアルバム

また、近年では、実力派ロックシンガー、ヨルン・ランデ(Jorn Lande)率いるノルウェーのバンド「ヨルン」(JORN)によるカヴァーも、ボーカルのクオリティが高く驚かされました。

Fool For Your Loving/JORN

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Fool%C2%A0For%C2%A0Your%C2%A0Loving+JORN

↑ヨルン「50 Years on Earth (the Anniversary Box Set)

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ヨルン (JORN)
  • スティーヴ・グリメット (Steve Grimmett)
  • ケリー・サイモン (Kelly Simonz)
  • ハリウッド・モンスターズ (Hollywood Monsters)
  • ゲイリー・ブラウン (Gary Brown)
  • 小野”SHO”正利 (Ono “SHO” Masatoshi)
  • ロックン・ロール・スタンダード・クラブ[松本孝弘, 樋口宗孝, 生沢佑一, 明石昌夫, 難波弘之] (Rock’n Roll Standard Club:Matsumoto Takahiro, Higuchi Munetaka, Ikuzawa Yuichi, Akashi Masao, Nanba Hiroyuki)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる