MENU

フライング・ウィズアウト・ウィングス / ウエストライフ (Flying Without Wings / WESTLIFE)

「フライング・ウィズアウト・ウィングス」は、アイルランド出身の男性ボーイズグループ『ウエストライフ』が1999年にシングルリリースした楽曲で、初登場にして英国チャートの1位を記録しました。
同年発売のデビューアルバム「WESTLIFE」にも収録されています。

Flying Without Wings / WESTLIFE

YouTube動画のリンク切れの場合は、以下から簡単に検索できます↴
https://www.youtube.com/results?search_query=Flying%C2%A0Without%C2%A0Wings++WESTLIFE

↑アルバム「WESTLIFE

また、「フライング・ウィズアウト・ウィングス」は、2002年にリリースされたアルバム「グレイテスト・ヒッツ~アンブレイカブル」にも収録され、アジア盤では韓国人アーティストの”ボア (BoA)”とのデュエットバージョンも、ボーナストラックとして収録されています。

Flying Without Wings / WESTLIFE feat. BoA

YouTube動画のリンク切れの場合は、以下から簡単に検索できます↴
https://www.youtube.com/results?search_query=Flying%C2%A0Without%C2%A0Wings+%2F+WESTLIFE%E3%80%80BoA


↑アルバム「グレイテスト・ヒッツ~アンブレイカブル」

母国アイルランドやヨーロッパを中心に、デビュー直後からも爆発的な人気を獲得していった『ウエストライフ』。
デビューアルバム(Special edition)からは、紹介の曲「フライング・ウィズアウト・ウィングス」を含む、5曲がシングルとなり、そのすべてが英国チャートにおいて、初登場1位を記録するという快挙となりました。
(「Seasons in the Sun」についてはカップリングとしてリリースされており、厳密な曲数としては6曲となる)

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ウエストライフ feat. ボア (WESTLIFE feat. BoA)
  • ジュリー・ロジャース (Julie Rogers)
  • ルーベン・スタッダード (Ruben Studdard)
  • サンドラ・クロス (Sandra Cross)
  • ジョナサン・ピアス (Jonathan Pierce)
  • ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 (Royal Philharmonic Orchestra)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる