MENU

クドゥブ・ビーン [邦題:思い出に抱かれて] / ティファニー (Could’ve Been/Tiffany)

「クドゥブ・ビーン」(邦題 : 思い出に抱かれて)は、米国の女性シンガー、”ティファニー”が1987年にリリースした楽曲。
デビューアルバム「Tiffany」に収録されたバラードで、のちにアルバムからの3rdシングルとしてもリリースされ、米国シングルチャートの1位を記録するヒットとなりました。

まだ若々しい15歳、ポップアイドルとしての声や歌唱フィーリングが初々しさを感じさせてくれる中にも、時折感じられる非凡さや力強さがあります。

Could’ve Been / Tiffany

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Could%27ve+Been+%2F+Tiffany

デビューアルバム「Tiffany」からは、紹介の「Could’ve Been」を含む、全5曲がシングルカットとなり、アルバムは700万枚以上を売り上げるヒットを記録。
米国ビルボードチャートの1位を獲得するアルバムとなりました。
デビューアルバムにしてティファニーを代表するアルバムといえるでしょう。

↑アルバム「Tiffany

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • サラ・ヘロニモ (Sarah Geronimo)
  • ワイルドベリーズ(Wildberries)
  • キャリー・アンダーウッド (Carrie Underwood)
  • ロイス・ブレイッシュ (Lois Blaisch)
  • シモニー (Simony)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる