ア・ソング・フォー・ユー / レオン・ラッセル (A Song For You/Leon Russell)

「ア・ソング・フォー・ユー」は、米国のアーティスト”レオン・ラッセル”が、1970年にリリースしたソロデビューアルバム「レオン・ラッセル」(Leon Russell )に収録されたバラード。

「ア・ソング・フォー・ユー」は、当時、シングルのリリースはされていないものの、のちに”カーペンターズ”や”レイ・チャールズ”、”ホイットニー・ヒューストン”など、多くのアーティストにカバーされている、”レオン・ラッセル”の代表曲の一つも言える楽曲です。

A Song For You/Leon Russell

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=A%C2%A0Song%C2%A0For%C2%A0You%2FLeon%C2%A0Russell

↑アルバム「レオン・ラッセル」

ピアノの叙情的なイントロから始まる、印象的で切なく深いバラード。
愛する人への思い、痛みや許し、様々な感情を吐き出すかの様な、ソウルフルで味わい深い”レオン・ラッセル”の歌唱は、”芸術的”という言葉が、よく似合います。

“レオン・ラッセル”は、歌唱だけでなく、楽器演奏やソングライティングの能力も高く、また、自らが”シェルターレコード”というレーベルを創設するなど、多才な面を持っているアーティストです。
その”シェルターレコード”からの、ソロ第1作目となったアルバム「レオン・ラッセル」では、”ミック・ジャガー”に”ジョージ・ハリスン”、”エリック・クラプトン”に”リンゴ・スター”と、豪華アーティストが参加しており、その顔ぶれを見てもレオン・ラッセルが只者ではないことが分かりますね。

↑おすすめコンピレーションアルバム

尚、「ア・ソング・フォー・ユー」は、

クリストファー・ウォーケン / マイケル・ケイン競演で贈る感動のロード・ムービー、
2004年に公開された映画「ラスト・マップ/真実を探して」(原題 : Around the Bend )など、

映画や番組に使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • レイ・チャールズ (Ray Charles)
  • カーペンターズ (CARPENTERS)
  • ホイットニー・ヒューストン (Whitney Houston)
  • ハービー・ハンコック feat.クリスティーナ・アギレラ(Herbie Hancock feat. Christina Aguilera)
  • ダニー・ハサウェイ (Donny Hathaway)
  • テンプテーションズ (The Temptations)
  • マイケル・ブーブレ (Michael Bublé)
  • エイミー・ワインハウス (Amy Winehouse)
  • エリオット・ヤミン (Elliott Yamin)
  • ウィリー・ネルソン (Willie Nelson)
  • カーメン・マクレエ (Carmen McRae)
  • ニール・ショーン (Neal Schon)
  • アン・ルイス (Ann Lewis)
  • 池田聡 (Ikeda Satoshi)
  • 大黒摩季 (Ohguro Maki)
  • アンジェラ・アキ(Angela Aki)
  • ティナ (Tina)
  • エミ・マイヤー (Emi Meyer)
  • サクラ (SAKURA)
  • リエ・フゥ (Rie fu)・・・他
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる