MENU

エンジェルス / ロビー・ウィリアムズ (Angels/Robbie Williams)

「エンジェルス」は、”ロビー・ウィリアムズ”が1997年にリリースした楽曲。
アルバム「ライフ・スルー・ア・レンズ」(Life Thru a Lens)に収録され、のちにシングルもリリースされると、母国イギリスでミリオンセールスを記録するなど、EU圏を中心に大ヒットを記録。
アルバム「ライフ・スルー・ア・レンズ」も英国チャートで1位を獲得しました。

YouTubehttps://www.youtube.com/results?search_query=Angels+Robbie+Williams

“ロビー・ウィリアムズ”は、1990年代に活躍した英国の男性ポップグループ「テイク・ザット」(TAKE THAT )のメンバーとしてデビュー。
1995年にグループを脱退すると、1997年にソロデビュー。

↑TAKE THATベストアルバム「THE ULTIMATE COLLECTION」

紹介の「エンジェルス」が収録されたアルバム「ライフ・スルー・ア・レンズ」は、ソロとしてのファーストアルバムです。
まさに、ソロとして華々しいスタートを切った作品となりました。

↑ソロ1stアルバム「ライフ・スルー・ア・レンズ」

尚、紹介の曲「エンジェルス」は、

ブリタニー・マーフィ主演のお洒落でちょっぴりHなロマンティック・コメディ、
2006年に公開された映画「私の婚活恋愛術」(Love and Other Disasters)ほか、

ジュリア・ロバーツの姪、エマ・ロバーツ主演による青春ラブコメディ。
2008年に公開の映画「ワイルド・ガール」(Wild Child)、

アン・ハサウェイ主演、運命の日“7月15日”だけで紡いだ誰もみたことのないラブストーリー、2011年に公開された映画、「ワン・デイ 23年のラブストーリー」
(原題 : One Day )

など、映画や番組にも使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ジョシュ・グローバン (Josh Groban)
  • イル・ディーヴォ (Il Divo)
  • スーザン・ボイル (Susan Boyle)
  • デヴィッド・アーチュレッタ (David Archuleta)
  • ガイ・チェンバース (Guy Chambers)
  • ロス・チサリ (Ross Chisari)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次