MENU

アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥー・ロング [邦題:愛しすぎて] / オーティス・レディング (I’ve Been Loving You Too Long/Otis Redding)

「アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥー・ロング」(邦題 : 愛しすぎて)は、”オーティス・レディング”と”ジェリー・バトラー(Jerry Butler)”という、共にロックの殿堂入りを果たしている2人によって書かれたバラード。
1965年にリリースされたアルバム「オーティス・ブルー」(Otis Blue/Otis Redding Sings Soul)から、先行発売となったシングルは、ヒットを記録。
アルバムも米国R&Bチャートにおいて1位を記録しました。

紹介の曲は、現在では、”I’ve Been Loving You Too Long”というタイトルで呼ばれることが一般的ですが、当初のシングルは、”I’ve Been Loving You Too Long(To Stop Now)”という、括弧付きのタイトルでリリースされているものもあります。

I’ve Been Loving You Too Long/Otis Redding

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=I%27ve%C2%A0Been%C2%A0Loving%C2%A0You%C2%A0Too%C2%A0Long%2FOtis%C2%A0Redding


↑アルバム「オーティス・ブルー」(Otis Blue/Otis Redding Sings Soul)

アルバム「オーティス・ブルー」は、”オーティス・レディング”が24歳の時にリリースした、オーティスの最高傑作とも言われる作品。
それから僅か2年後に、26才という若さで無念の事故死となり、伝説となってしまった”オーティス・レディング”。
その突然の死までの僅かな活動期間でありながら、本当に多くの名曲を残しているアーティストです。

若干20代前半にして達観したかの様な、力強くソウルフルな”オーティス・レディング”の歌唱は、多くのアーティストに影響を与え、偉大なシンガーという話題になれば、必ず名前があがるソウル界のカリスマの一人です。

↑おすすめコンピレーションアルバム

尚、紹介の曲「アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥー・ロング」(邦題 : 愛しすぎて)は、

マーク・メドフのトニー賞受賞舞台戯曲「小さな神の子ら」を映画化した感動作。
1986年に公開された映画「愛は静けさの中に」(原題 : Children of a Lesser God )

C・トーマス・ハウエル主演、アメリカでセンセーションを巻きおこした人種問題をテーマにしたソウルフルな音楽とともに繰り広げられる学園ラブ・コメディ、
1986年に公開された映画「ミスター・ソウルマン」(原題 : Soul Man )

トミー・リー・ジョーンズ / スティング/ ショーン・ビーン / メラニー・グリフィス出演の犯罪サスペンス、1988年に公開された映画「ストーミー・マンディ」(原題 : Stormy Monday )

ジョシュ・ルーカス、ジョー: デレク・ルーク出演、ジェリー・ブラッカイマー製作。
全米初登場1位となった、米バスケットボール史に刻まれた実話を描いた感動ストーリー。2006年に公開の映画「グローリー・ロード」(原題 : Glory Road )

スカイラン・ブルックス / ジェニファー・ハドソン / ジョーダン・スパークス出演、
2013年に公開の映画「The Inevitable Defeat of Mister & Pete

ニコラス・ケイジ主演、外道どもに死の制裁を下す、衝撃のリベンジアクション。
2017年に公開の映画「ヴェンジェンス」(原題 : Vengeance: A Love Story )

など、映画や番組にも使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • アレサ・フランクリン (Aretha Franklin)
  • ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones)
  • アイク&ティナ・ターナー (Ike & Tina Turner)
  • ディオンヌ・ワーウィック (Dionne Warwick)
  • シール (Seal)
  • マルティナ・マクブライド (Martina McBride)
  • ロリータ・ハラウェイ (Loleatta Holloway)
  • キング・カーティス (King Curtis)
  • マーキーズ (The Mar-Keys)
  • デイナ・ヒュークス (Dana Fuchs)
  • パーシー・スレッジ (Percy Sledge)
  • マイケル・グリム (Michael Grimm)
  • ガイ・セバスチャン (Guy Sebastian)
  • サラ・ニーミエッツ (Sara Niemietz)
  • ジュディ・ヘンスキー (Judy Henske)
  • メアリー・アン・レドモンド (Mary Ann Redmond)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次