ファイア / エタ・ジェイムズ (Fire/Etta James)

「ファイア」は、プロボクサーとしての経歴も持ち、ブルースの名曲を数多く生んだことでも有名なウィリー・ディクソン(Willie Dixon)によって書かれ、1967年にココ・テイラー(Ko Ko Taylor)によって発表された楽曲。
作者ウィリー・ディクソンと、サックスプレーヤーのミルトン・ブランド(Milton Bland)ことモンク・ヒギンズによってアレンジ、プロデュースされました。

翌年には、エタ・ジェイムズがシングル「You Got It」のカップリングとしてリリース。

両者共に、チェスレコードの子会社である、チェッカーレコード(CHECKER Records)、及び、カデットレコード(CADET Records)から、ほぼ同時期にリリースされていますが、ピックアップしたエタ・ジェイムズのバージョンのアレンジ・プロデュースは、多くの名作を生み出したリック・ホール(Rick Hall)が手掛け、その才能と手腕を見せつける作品となっています。

Fire/Etta James

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Fire+Etta+James

ココ・テイラーのバージョンに比べると、bpmを抑えながらも8ビートや16ビート感が強調され、スピードとヘヴィさを増したサウンドとなっており、派手やかでキャッチーなブラスセクションのカウンターメロディに、ファンキーなエレキギターやエレピなども加わり、楽曲をソウルフルでダンサブルなアレンジへと変貌させています。
もちろん、エタ・ジェイムズの歌唱も、まさしく炎のごとくエモーショナルでグルーヴも最高です。

自らブルースシンガーとして活躍するなど、現在までにブルースの名曲を数多く残したウィリー・ディクソンですが、この曲に関しては、リック・ホールのプロデュースやアレンジの妙が光った楽曲と言えるでしょう。

尚、1968年にリリースされたエタ・ジェイムズのアルバム「テル・ママ」は、まさに、アメリカのアラバマ州マッスルショールズにある、リック・ホールがオーナーを務めたFAMEスタジオでセッションされた作品。
チェスレコードの最盛期を担い、女性看板の1人として屋台骨を支えたエタ・ジェイムズに、再び、勢いとスポットを注ぐべく、当時、注目のアーティストを次々と手掛けてはヒットに導くなど、ノリにノっていたリック・ホールに全権を任せて作り上げられた傑作です。

とくに、2001年に再販されたコンピレーション版「テル・ママ – The Complete Muscle Shoals Sessions」は、紹介の「ファイア」ほか、初版には収録されなかったFAMEスタジオでの多くのセッションがボーナストラックとして収められており、R&B/ソウルファンにとって垂涎となる、お宝アルバムとなっています。
興味のある方は、ぜひ一聴してみてください。

↑アルバム「テル・ママ(Remaster)-マッスル・ショールズ・セッションズ」

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる