MENU

ハヴ・ユー・エヴァー・ビーン・イン・ラヴ [邦題:この愛は君だけに] / レオ・セイヤー (Have You Ever Been In Love/Leo Sayer)

「ハヴ・ユー・エヴァー・ビーン・イン・ラヴ」(邦題:この愛は君だけに)は、英国のアーティスト”レオ・セイヤー”によって、1982年にリリースされた楽曲で、当時、活躍した作曲家”アンディ・ヒル(Andy Hill)”、そして、ジョン・デンター、作詞にはプログレッシブロックバンド「キング・クリムゾン」の初期メンバーでもあった”ピート・シンフィールド”といったメンバーによって書かれたバラードです。
アルバム「ワールド・レイディオ」(World Radio)に収録され、シングルリリースもされています。

Have You Ever Been In Love/Leo Sayer

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Have+You+Ever+Been+In+Love%2FLeo+Sayer

↑アルバム「ワールド・レイディオ

「ハヴ・ユー・エヴァー・ビーン・イン・ラヴ」(邦題:この愛は君だけに)は、少し後にヒットを飛ばす、ペパーミントサウンドとも言われた『エア・サプライ』の甘くて切なく、キャッチーで爽やかなサウンドにも繋がるようなサウンドですね。
のちの、AORムーブメントとも呼ばれる時代の空気も感じとれる楽曲ですね。

↑おすすめコンピレーションアルバム

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • ピーター・セテラ (Peter Cetera)
  • ウエストライフ (WESTLIFE)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる