MENU

オールド フィフティーファイブ / トム・ウェイツ (OL’ ’55/Tom Waits)

「オールド・フィフティーファイブ」は、米国のアーティスト、”トム・ウェイツ”の1973年のデビューアルバム「クロージング・タイム」から先行シングルとしてリリースされたバラードです。

「オールド・フィフティーファイブ」は、トム・ウェイツの記念すべきメジャーファーストシングルであり、多くのアーティストにカバーされる、一般的に有名なナンバー。
シングル「オールド・フィフティーファイブ」リリース時、トム・ウェイツは24歳。録音時には23歳という若さでした。
その年齢にして、ジャジィなサウンド、強烈な声の存在感と個性、大人びたブルージーな歌唱フィーリングからは、非凡な才能を持ったアーティストだということが、お分かりいただけるでしょう。

OL’ ’55/Tom Waits

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=OL%27+%2755%2FTom+Waits

↑アルバム「クロージング・タイム」(Closing Time)

1974年には、当時、人気が出つつあった米国のロックバンド『イーグルス』がカバー。
3rdアルバム「オン・ザ・ボーダー」に収録されました。
同アルバムからシングルカットされた「ベスト・マイ・ラヴ」(Best My Love)の、BSideシングルとしてもリリースされています。
カントリー色の中にもロック色を打ち出し、ゴスペルフィーリングも感じさせるアレンジで、人気のバンドとしてブレイクしつつあった『イーグルス』の「OL’ ’55」も有名なバージョンです。

尚、「OL’ ’55」は『イーグルス』のアルバム裏のタイトル表記では「OL’55」となっており、日本盤での邦題は「懐かしき55年」と翻訳されリリースされています。

OL’ 55/Eagles

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=OL%27+55%2FEagles

↑イーグルス / アルバム「オン・ザ・ボーダー」

また、紹介の曲「オールド・フィフティーファイブ」は、

ウーピー・ゴールドバーグ / メアリー=ルイーズ・パーカー / ドリュー・バリモア出演の1995年に公開された映画「ボーイズ・オン・ザ・サイド」(原題 : Boys On The Side )など、

映画や番組にも使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • イーグルス (Eagles)
  • リッチー・ヘブンス (Richie Havens)
  • サラ・マクラクラン (Sarah McLachlan)
  • エリック・アンダーソン (Eric Andersen)
  • アリソン・ムーラー&シェルビィ・リン (Allison Moorer & Shelby Lynne)
  • デイヴ・アルヴィン (Dave Alvin)
  • アクダ&デ・ムニック (Acda en De Munnik)
  • ウォーターメロン・マン (Watermelon Men)
  • ケーズ・チョイス (K’s Choice)
  • フランク・ザッパ&ザ・マザーズ・オブ・インヴェンション with トム・ウェイツ (Frank Zappa & The Mothers of Invention with Tom Waits)
  • ショーン・コルヴィン (Shawn Colvin)
  • イアン・マシューズ (Iain Matthews)
  • リサ・バッセンジ・トリオ (Lisa Bassenge Trio)
  • オーウェン・キャンベル (Owen Campbell)
  • マッシモ・プリヴィエロ (Massimo Priviero)
  • マリッサ・マルダー (Marissa Mulder)
  • クイーン・ビーズ (Queen Bees)
  • マイ・ウォッシン・マシン (My Woshin Mashin)
  • エリック・テリノ (Eric Terino)
  • 竹内まりや (Takeuchi Mariya)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる