ウィズアウト・ユー / ニルソン (Without You/Nilsson)

「ウィズアウト・ユー」は、ブリティッシュロックバンドの『バッドフィンガー』が、1970年にリリースしたアルバム「ノー・ダイス」(No Dice)に収録されたバラードです。
「君がいないと生きてはいけない」という想いを歌った、世界的な知名度を持った名バラードのひとつといえるでしょう。
皮肉にも、『バッドフィンガー』のメンバーであり「ウィザウト・ユー」の作者である”ピート・ハム”と”トム・エヴァンス”は、共に自ら命を絶ち、この世から旅立ってしまっています。

Without You/BADFINGER

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Without%C2%A0You%2FBADFINGER

↑アルバム「ノー・ダイス」

ピックアップした”ニルソン(Harry Nilsson)”のバージョンは、1971年にシングルリリースされ、米国、英国、カナダなどで1位を獲得するなど、多くの国で上位にチャートインする世界的なヒットをもたらし、世に広く周知させたバージョンと言えるもので、同年にリリースされたアルバム「ニルソン・シュミルソン」にも収録されています。
現在、一般に知られている、イントロのピアノのリフも、”ニルソン”のバージョンで作られていることが分かりますね。

Without You/Nilsson

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Without%C2%A0You%2FNilsson

↑アルバム「ニルソン・シュミルソン」(Nilsson Schmilsson)

結果、”ニルソン”の「ウィズアウト・ユー」は、グラミー賞で、「最優秀レコード賞」にノミネートされ、「最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞」を受賞。
アルバム「ニルソン・シュミルソン」も、「最優秀アルバム賞」にノミネートされました。

また、ほかにビッグセールスを記録したバージョンとして、1993年の”マライア・キャリー”のバージョンがあります。
アルバム「ミュージック・ボックス」に収録され、翌年にはシングルリリースとなり、アルバム・シングルともにビッグセールスと各国でのチャートでの上位ランクインを記録しています。
こちらも、また、1990年代以降で一般に周知されている、有名で良質のカヴァー作品と言えるでしょう。

Without You/Mariah Carey

YouTube動画のリンク切れの場合は、文字リンクから簡単に検索できます⇒https://www.youtube.com/results?search_query=Without%C2%A0You%2FMariah+Carey

↑アルバム「ミュージック・ボックス」

「ウィズアウト・ユー」は、『バッドフィンガー』が1970年にリリースした当時は、バンド内での評価も高い曲ではなく、シングルリリースされることもなかったとも言われていますが、”ニルソン”のカヴァー以降、大きく変わったイントロのアプローチをはじめ、アレンジやプレーヤーや歌唱の実力、作り方でも、大きく印象も評価も変わることが分かる、よい例ですね。

尚、紹介の曲「ウィズアウト・ユー」は、
1995年に公開された映画「カジノ」をはじめ、

ヘレン・フィールディング原作のベストセラー小説を映画化した名作ラブ・コメディ。
2001年に公開の映画「ブリジット・ジョーンズの日記」(原題 : Bridget Jones’s Diary )

シャニン・ソサモン / イアン・サマーハルダー主演。恋と欲望が絡まるダークコメディーの傑作。2002年に公開の映画「ルールズ・オブ・アトラクション」
(原題 : The Rules of Attraction )

アフガニスタン紛争地域で悪戦苦闘するルポライターの実話を元に描いた異色の戦場アクションコメディ。
2016年に公開の映画「アメリカン・レポーター」(原題 : Whiskey Tango Foxtrot )

など、映画や番組に使用されています。

【その他の主なカバーアーティスト】順不同

  • バッドフィンガー (BADFINGER) [*Original]
  • エア・サプライ (Air Supply)
  • イル・ディーヴォ (Il Divo)
  • クレイ・エイケン (Clay Aiken)・・・ほか
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

初心者大歓迎。プロ輩出実績多数。
ボイストレーニングスクールのトップノートです。

目次
閉じる